一眼レフカメラの写真を間違って消した後でデータを復元

撮影とビューファインダーへの投影を、一枚のレンズで同時に実行する機能をもつ、
「一眼レフ」(single-lens reflex)のデジタルカメラで撮影した写真を、
間違えてSDメモリーカードなどのデータ記憶装置から消してしまった場合には、
後で画像・映像のファイルを復元することはできる?という疑問について。

デジタル一眼レフカメラの写真画像データを間違って消した時は?

まず、Nikon(ニコン)やRICOH(リコー)、SONY(ソニー)、Panasonic(パナソニック)といった、
デジタル一眼レフカメラも通常のデジタルカメラ(digital camera)と同じく、
撮影した静止画やムービーは、通常、SDメモリーカードなどのデータ記憶装置に、
電子データとして同じように、拡張子で保存される仕組みになっています。

一眼レフ(シングルレンズレフレックス)のデジタルカメラの本体の機能で、
間違って拡張子を消去したり、初期化でフォルダーごと消してしまった写真画像や動画は、
パソコンのように一旦ゴミ箱には移行せずに、表示上ではそのままデータが消えてしまいます。

ですが、まだ市販のソフトウェアやサポートの企業にて、修復を試みることができます。




WindowsやMacのパソコンでファイルを削除した時は?

次に、USBカードリーダーでSDメモリーカード(またはUSBメモリーなど)を、
macOSのデスクトップパソコンやノートPCに読み込んでいる時に、
Finder(マイファイル)の画面から間違って削除した時は、一旦ゴミ箱のフォルダーに移行します。

消えてしまった写真データを、後でそこから元に戻す形で復元することもできます。

Windowsのパソコンの場合は、SDメモリーカードといったリムーバブルディスクから、
エクスプローラーやダイアログボックスの画面上で写真画像のデータを消してしまった時には、
ゴミ箱フォルダーには移行せずそのままでは開かないため、別の復元の方法を実行する必要が出てきます。

間違えて削除してからすぐの段階で、何も新しいファイルを上書き保存していなければ、
まだ以前の拡張子の「痕跡」のデータが、ストレージの表示されていない部分で残留している見込みがあります。

データ復元ソフトウェアでSDメモリーカードを読み込む

次に、消えたJPEGといった拡張子の写真ファイルの復旧を、一般の個人ユーザーとして試みる場合の対処法について。

まず、市販のデータ復元ソフトウェアを使用して修復する方法があります。

(こちらの一例では、AOSデータより販売されていますファイナルデータを使用した際の実例を解説します。)

まず、デジタル一眼レフカメラからSDメモリーカード(SD Memory Card)などを抜き出して、
USBカードリーダー/ライターに差し込みをして、パソコンのUSBポートに接続して読み込みます。

※製品本体のパッケージに付属している、USBコードの方で繋げてパソコンで読み込むこともできるのですが、
 こちらは基本的に、データ復元ソフトでのストレージの検出の対象にはならない仕様です。

デジタルカメラやスマートフォン、ガラケー、タブレット端末の内蔵のフラッシュメモリから、
間違えてデータを削除してしまった時は、これらの電子機器に対応されている、
専門のデータリカバリーサービスで、必要なファイルの復活をしてもらうこともできます。



デジタルデータリカバリー

誤って削除した写真や動画の拡張子をスキャンする

次にファイナルデータのウィンドウを開いて、『ファイルの復元』→『ゴミ箱から削除した場合』と進みます。

Canon(キヤノン)といった各一眼レフカメラの削除機能か、パソコン上でのボリュームのフォーマットの指示で、
 SDメモリーカードを初期化してしまった場合にデータを復元するには、 『フォーマットした場合』の専用のメニューを選択します。)

リムーバブルディスクの名前の一覧で、対象のメモリーカードのアルファベット文字を選択して『検索』と押すと、
ストレージに残留している写真画像や動画といった拡張子の、痕跡データのスキャンが始まります。

ストレージから検出ができた拡張子を保存して修復する

次に、ストレージのスキャンの結果が表示されたら、間違って消去していた「jpg」形式などの対象のファイル、
またはすべての検出ができたデータを選択して、『選択したファイル復元』を押します。

(先にプレビュー機能を使うと、写真が正常に復元できているかどうかを確認できます。)

誤って消してしまった必要な分のデータが、もし検索結果に出てこなかった時は、
最初の画面に戻って、今度は『高度な復元』の機能の方を試してみてください。

外付けのHDDや外部のRAID装置、NAS、DVDのディスクといった、
保存先のフォルダーを指定して、『OK』を押して、データの修復の作業完了です。

また、デジタルカメラの内蔵メモリの写真データを再度復元するには?という疑問については、こちらのページにて。

最後に、保存したフォルダーをエクスプローラーで開いて、正常に写真が映っているかどうかを確認してください。

ですが、目当ての写真や動画が検出に失敗してしまうケースもあります。

その際には、プロのデータ復旧サービスセンターの方に問い合わせをして、
論理障害の対処として、失った画像といったファイルの復元を行ってもらわれることが最も確実です。

コンパクトフラッシュといった他の補助記憶装置の読み込み

次に、SDカードだけでなく、コンパクトフラッシュメモリーカードやスマートメディア、xDピクチャーカード、
またメモリースティックやマイクロドライブ、DVD-RやBD=REといったほかの補助記憶装置も同じように、
パソコンからデータ復元ソフトでのスキャンを試みることができます。

その際には、それぞれのストレージに対応されたカードリーダー/ライターやドライブ装置で読み込む必要があります。

また例として、BUFFALO 様での、SDカードに保存した写真が見つからない…。そんな時の復元方法 の解説も参考までに。

SDXCメモリーカードといった新しい規格の製品は、古いカードリーダーでは読み込みできないことがあるため、
その際には、最近の対応されたカードリーダーを購入する必要も出てきます。

データ復旧サービスセンターでファイルを救出してもらう

しかし、ソフトウェアで検出できたデータの画像やムービーが乱れて破損していたり、
ファイルのサイズが0byteになっていて、正常に開けない場合もあります。

また、個人ユーザーでできる範囲でアプリケーションソフトを使って、失った拡張子の修復を行う場合には、
デジタル一眼レフカメラで撮影した多くの割合の画像データを、確実には直しきれない可能性もあります。

できるだけ確実に、より多くの間違えて消してしまった写真や動画のデータファイルを元に戻したい、という場合には、
やはり専門で営業されています、データ復旧サービスセンターで、救出の作業をしてもらわれることをおすすめします。