ウェブサイトのURLの移転の際にHTMLのデータを復旧するには?

ホームページやウェブログのドメインやURLアドレスを新しく取得した
別の外部サイトに移転して運営を更新する際、今までに更新したログの分や
HTMLファイルのソース(マークアップ言語)、またファイルマネージャにアップロードした
中身のデータなどは、どのような仕方で新しいURLの方に修復して、取り扱えばいい?という疑問について。

ドメインとサイトの内部データを保存して復元するには?

まず、サイトのデータを管理するファイルマネージャーの画面では、
画像やページのファイルを大量にアップロードしている場合は削除していった方が良いのですが、
その前にエクスポート機能か、右クリックの保存でファイルマネージャーの
必要な分のデータをバックアップされてみてください。

そして、移動先のドメインにそのままアップロードし直す形で復旧するとよいでしょう。

次に、ホスティングサービスでは、アカウントを削除すると、
今までの全てのページがホスティングサービスから無くなってしまい、
ドメインもいずれ他の方が使われることもあるため、そのまま残して、
リフレッシュタグや移転先のリンクを貼り付けておかれることをお薦めします。

誤ってバックアップをする前にアカウントを削除して大事なログデータが消えた場合は、
もし以前に同じデータをパソコン上でエクスポートなどで保存していたことがありましたら、
まだ拡張子の痕跡が残っている可能性がありますので、データリカバリーサービスに
コンピューターのハードディスクなどを提出して、復元してもらう方法もあります。




ホームページを移転・改装した後で必要なことは?

無事にWWWアドレスの移行が完了しましたら、301・302リダイレクトやリフレッシュタグ
正常に移転の通知が出来ているかどうかをチェックして、
次に外部リンクの変更と、管理者へのお知らせ(更新依頼の通知)を行います。

過去ログのデータでは、ブログ記事などのログ(アーカイブ)もエクスポートで
全部パソコンに保存できますので、新しいドメインに1ページずつ書き直すより、
インポートのサービス機能から投稿することで、ずっと楽に移転の作業が行えます。

HTMLソースの表記ミスの見直しと修復を行うには?

ホームページやウェブログのURLアドレスを移転する時には、ウェブサイトを構成している
HTML(HyperText Markup Language/ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)といったファイルの、
タグの記入ミスなどもそのままにしておくと新サイトでも継続してしまう場合があるため、
ページのデータファイルの更新と復旧を行う必要も出てきます。

HTMLソースの表記の仕方の点では、移転のついでに、マークアップ言語がどこか文法的に
間違えていたりしないか、あるいは問題のある表記をしていないかどうかを
テンプレート、スタイルシート、ブログパーツともに見直しをして問題の箇所を修復をされることも大切です。

細部の見直しの点では、テキスト文章に誤字や脱字、不適切な表現が
含まれていないかどうか、細部も一通り確認して、
以前よりもさらにコンテンツが良くなるように改善していきましょう。

タグのテキストを書き間違えてページが破損した時にデータを修復する手順については、こちらのページにて。

この作業はなるべくホームページを移した日から一週間以内には
ほとんどを手際良く完了させるようにしましょう。

サブドメインやサブディレクトリを使用する場合は?

「サブドメイン」(subdomain)とは、名称の通り、ホームページの本家のURLの予備、または補助に当たるURLです。

例えば「ttps://ドメイン名.com/」のURLアドレスが本家の場合、
「ttps://sub.ドメイン名.com/」がサブドメインになります。

なお、「ttps://ドメイン名.com/sub/」の場合は
本家ドメインの下階層にある「サブディレクトリ」(subdirectory)になります。

メインのドメインとサブドメインではどちらを中心にしてホームページを運用する方が良いかというと、
基本的にはやはり本家のドメインの方が良いです。

最初にURL(Uniform Resource Locator)を決めることはかなり重要で、うっかり何かを間違えてしまうと
その後のWWW(ワールドワイドウェブ)上での運営の方針などに大きく響いてしまうこともあります。

特に注意しなければならない点として、有料のホスティングサービスで新しくドメインを取得した時に、
間違えてサブドメインの方をメインのURLアドレスとして使わないように気を付けてください。

しかも本家のドメインのウェブサイトの規模が0のままであると、訪問者の側から見てややこしくなってしまいます。

やはり取得した本家ドメインのURL(ユニフォーム・リソース・ロケーター)のアドレスを
トップページとして設定して、新規のホームページのデータをアップロードされることを推奨します。

レンタルのホームページやブログ、SNSの場合は?

ポータルサイトで提供されています、レンタルのホームページのスペースやブログ、SNSの場合、
独自のドメインではない他のサイトのサブドメインやサブディレクトリとなります。

なのでウェブページをカスタマイズできる範囲に限度が付けられていたり、
本家サイトへのURLリンクがバナーが自動的に付く、という点もあります。

また画像ファイルや文書データのアップロード先が、別の専用サーバのURLになることもあります。

一方で、大手のポータルサイトのホームページスペースやブログ(Weblog)の場合、サイバースペース(Cyberspace)上での
サブドメインやサブディレクトリのページの運用で、簡単に使いやすい管理画面が整っているメリットがあります。

また、XML(Extensible Markup Language)といったRSS(RDF Site Summary)のページが自動で生成されるのも大変便利です。

メインドメインとサブドメイン、サブディレクトリに、それぞれに長所・短所がありますので
最初にホームページやブログを作成したり別のURLアドレスにウェブサイトとそのデータを移転する際には
じっくりと考えて、運営の方針に合っていそうなサービスを選んでみてください。

ウェブサイトの更新と統合の通知

当サイトも以前にURLのアドレスを移転いたしました。

前のサイトドメインの方で、おそらく外部的に深刻な不具合が出てしまいまして、
ドメインの移転による措置を行い時間を取って、現在は順調に運営しています。

サイト移転後も内部コンテンツはそのまま移動していますので、今まで通りご閲覧を頂けましたらと思います。

また、別のパソコン修理に関するウェブサイトを統合してまとめました。

旧ページにリンクを貼って頂けている皆様、大変お手数で申し訳ないのですが、
URLアドレスの変更の方を何卒よろしくお願いいたします。

そこで、実際の移転作業を行った際に身に付けたコツや注意点について
他のウェブマスターの方々にもお役立てできますよう、解説をしていきます。

以前のドメインにあるサイトの各ページは?

最後に、旧ドメインのアカウントに残ったデータは退会したりサービスが終了してしまうと
完全に消えてしまいますので、リダイレクトをしているページをはじめ、
移転後も使う分のHTMLファイルがある場合は、すべて残しておかれることをお薦めします。

個人や自社で運用しているファイルサーバやホスティングサーバの場合は、
その機材をプロのデータ復旧サービスセンターに出して診断をしてもらい、
消去したファイルやディレクトリを、高い復旧率のサポートで修復してもらうこともできます。