サイトのドメイン移転時に各部修正による変更とメンテナンス

ウェブサイトのドメインを変えて、新しく別のアドレスに移設して改装する際には、
大量のHTML、XMLページや画像ファイルなどのデータを移動してアップロードをやり直したり、
各ページごとの校正をするなどの大作業になります。

ホームページの移行作業とは?

当HPも、過去に旧URLアドレスから今のドメインに移転してきまして、
移設作業に勤しむ際にもかなりのコンテンツ変更やメンテナンスを行いました。

今までにこのHPも含めて何度もアドレス移転を行った経験があるのですが、その際には
適切な処置を行わなければ前のドメインでの不具合を引きずってしまう場合もあります。

実際の作業工程での体験に基づいたページのメンテナンスに必要な方法を記載いたします。

ウェブサイトのデータの移転に伴う主な工程

ホームページの移設をした時に行うメンテナンスは主に、

・リンク切れのある外部URLアドレスへのリンクタグをすべて削除する。

・やや内容不足と思われる一部のページには、補足の説明を追記する。

・各記事テキストの誤字・脱字を校正する。

・タグやテーマ等のお知らせのサービスを、前のドメインから書き換えて入れ替える。

・RSSフィードや個人運営サイトの外部リンクの変更を行う。

・新しいドメイン名とタイトルは、あまり大きく変更しない。

・更新前のHTMLデータは、別にバックアップを取る 、などがあります。

もしバックアップを取る前にホームページを削除して、後からデータが必要になった場合には、
以前に一度でもパソコンに保存していたファイルであれば、まだHDDに拡張子の痕跡が
残っている可能性があるため、プロのデータレスキューサービスに出して、
ドライブスキャンをして、失ったファイルの拡張子の復元を試みることもできます。

ウェブページの正しいHTMLタグ文法とは?

HTMLタグの文法とは、サイトやブログなど多くのウェブページは、HTMLタグで構成されています。

間違ったHTMLの書き方がされたウェブページは、たまにウェブブラウザーによって閲覧する時に、
真っ白になっていたり、一部の表示が崩れていることがありますので、ご注意ください。

FTPソフトでHTMLやCSS、PHPといったファイルを、レンタルサーバーのファイルマネージャーなどに
アップロードした後は、必ずサイトの表示を確認されてみてください。

HPのアドレスを移設する時に見られる専門用語

まず、ドメイン(domain)は、元々は範囲、領地という意味で、
インターネット上では主にホームページの範囲の区切りを表します。

サブドメインや下層ディレクトリも、全般的には大本のサイト範疇に入ります。

ウェブ上のサービスの退会をする際は、取得したユーザーアカウントを削除して、
アップロードした全部のデータも消えてリダイレクト送信も使えなくなるため、
余程ドメインの維持に管理費用が掛かる場合でもなければ、しばらくは移設後も残しておかれた方が良いです。

ディレクトリに保存されたファイルの確認

トップページの下にある、「/」(スラッシュ)で区切られたサブコンテンツのページ領域である
下層ディレクトリでは、ファイルマネージャーのフォルダーおきに、
個別の格納庫が生成されている場合もあり、念のため一通り確認するのが望ましいです。

FTPソフトを使って、ディレクトリを整理して画像ファイルなどを送信していくと便利です。

ご自身で運営をされていますドメインやサイトの内容のご確認と併せて、
ホームページ移転作業のご参考に頂けましたら幸いです。

また、個人運営のサーバでホームページを運用されている場合は、
もし必要な保存データが消えてしまった場合でも、サーバに対応された
「データ復旧サービスセンター」で検査をして、復元の作業を行ってもらうこともできます。