WindowsパソコンのSSDのデータをサルベージするには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のオペレーティングシステムをインストールした、
大容量データ記憶装置の「SSD」(Solid State Drive/ソリッドステートドライブ)が
搭載されたパソコンから、SSDに保存してあったデータファイルを誤って削除したり、
読み込みが正常にできない時にはどうすればサルベージ(salvage)ができる?という疑問について。

SSDのファイルをごみ箱へ移動

まず、SSDも基本的にハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)と同じく、
パソコンの内蔵ストレージとしての機能は変わらず、普通にWindows上の機能や
ユーティリティーでの動作ができます。

たとえば、エクスプローラーからファイルを削除した際に、Windowsのゴミ箱フォルダーに
消去したファイルが一旦移行されます。

多くの場合は、ゴミ箱から必要なファイルを選択して、右クリックで「元に戻す」を選択すると
以前に保存されていたフォルダーの位置に戻ります。

同じSSD(OSのインストールされたドライブやパーティション)だけでなく、
Dドライブ、Eドライブといった、増設したHDDやSSDの内部のフォルダーのデータも
ゴミ箱に一度移行されます。





またWindowsでは、外付けのSSDや外付けHDDに保存されているデータも
ゴミ箱フォルダーに一度移動しますので、削除したファイルをそこからサルベージすることができます。

しかし、USBメモリやSDメモリーカードの場合は、Windowsではそのままデータがゴミ箱に移動せずに
削除される仕組みとなっています。

これらのファイルを復元したい場合には、SSDに「ファイナルデータ」などの専用のデータ復元ソフトを
インストール・セットアップするかDVD/USBブートで展開してスキャンと復元の措置を試みるか、
プロのデータリカバリーサービスに出して、サルベージができるかを診てもらう必要があります。

また、SSDから誤ってShift&Deleteキーや、クイックフォーマットなどで
ゴミ箱フォルダーに残らない形で消去してしまったでファイルも、
データ復元ソフト(なるべくブートで起動)を使って、SSDの記憶領域に残っている
消えた拡張子の痕跡データからのサルベージを試みることができます。

Windows8/8.1、Windows10では、コントロールパネルに「ファイル履歴」の機能があります。

ファイル履歴でのサルベージ

こちらをオンにして、外部のディスクドライブに定期的にバックアップしておくように設定すると、
SSDの内部のWindowsで設定できる特定の専用フォルダーに保存されているデータを自動コピーして、
後から「個人用ファイルの復元」の項目から「元の場所に復元します」のボタンで修復ができます。

また、同じコントロールパネルの「バックアップと復元(Windows7)」を使用して、

ライブラリやユーザー用個人フォルダー、システムイメージのバックアップを事前に行なって、
後から「ファイルの復元」の項目でサルベージを行うこともできます。

他にも、Windowsの機能に問題が出て正常に起動しなくなった時に修復をする際には、
事前に「イメージディスク」や「システム修復ディスク」を作成して、そちらから開き直したり、
「システムの保護」→「システムの復元」の機能を使って、回復を試みることができます。

SSD、またはパソコン自体が故障して、個人ではどうしても読み込みができない、
または特定の必要なファイルがどうしてもサルベージできない、といった際には、
専門のデータ復旧サービスに問い合わせて、復元をしてもらわれることをおすすめします。



『「SSD内部の救出」のカテゴリーの前後のページ』

«