携帯電話が水濡れや水没をしてしまった時の対処方法は?

携帯電話やPHS、iPhoneは今や小学生からお年寄りまで、年齢世代を問わずに
誰もが持ち歩ける次代になりました。更にケータイの搭載機能やスペック・容量・
モバイルネットといったサービスも発達し便利なマルチデータ記憶媒体に進歩しています。

しかしその一方で、記録データーを大量に保存できる反面、故障させてしまった時に
非常に大きな損害を出してしまうことも多々あります。

携帯電話やPHS、iPhone、iPodといった電子機器は落下による衝撃など物理的な
ダメージに対しては結構頑丈で強いのですが水分の浸入には脆い一面もあります。

主な水没のアクシデント

・コーヒーやジュースなどの飲み物をこぼしてしまった。
・豪雨にさらされてしまった。
・衣服の上から水をかぶって濡れてしまった。
・洗濯機や洗面器、お風呂場、トイレ、バケツの中などに落としてしまった。
・外出中に水溜りや池、川の中に落としてしまった。

ケータイの内部に浸水してしまうと?

軽く雨の水滴が表面部分についてしまうような少しくらいの付着なら
内部にまで水分が入ってしまうことはそうそうないのですが、丸ごと水たまりの中に
付けてしまうとたとえ数秒の間だったとしても破損の確率が極めて高くなります。

水分が入ると内部パーツのショート(焼き焦げ)、また錆の発生によって壊れてしまう場合が
非常に多く、特にコーヒーやジュース、塩水など純水ではない液体に浸してしまうと
水分に含まれる成分が乾燥した後にも残ってしまい、更に深刻な異常を引き起こすケースもあります。




水分を拭き取る

また、内部に入った水気がほとんどなかったとしても湿気が充満して、故障の原因にもなりえます。
水に浸けてしまったらまずはすぐに電源を切ってSDカードやバッテリーを取り外し、
全ての部分をタオルや綿棒でくまなく拭き取り、ドライヤーで乾かしましょう。

その後に電源を入れたりプラグを接続、充電したりすると焼き焦げや爆発を
引き起こしてしまう可能性もありますので、決して起動はさせずに、先に
ご購入されたモバイルショップに相談をされてみてください。

内部に異常の出ない場合も多いのですが、数週間たってから壊れてしまうことも
ありますので、今までの着信履歴や受信メール、カメラ画像、といった全データーは必ず
外付けHDDやRAID、NAS、などにバックアップをとっておかれるようにしましょう。

水没させてしまった後完全に壊れてしまった場合は、内部の保存部分が
まだ無事な時もありますので、データ復旧サービスセンターにて取り出しの
依頼をされてみることも検討されてみてください。