USBフラッシュドライブの壊れたファイルを直したい時は?

USBフラッシュドライブ【UFD – Universal Serial Bus flash drive】とは、
フロッピーのディスクドライブやSDカードのカードライター/リーダーといった
専用のアダプタや読み込み装置が無くても、直接パソコンのUSBコネクタに差し込んで
デバイスマネージャへの接続によりデータ伝送が可能な小型の記憶媒体です。

USBメモリー

[USB Mass Storage Class」といスうトレージが内蔵された仕様であり、
専用プログラムなどのインストールも必要ありません。
近年の販売製品では4GB、8GB、16GB、64GBと、かなり大容量の保存ができます。

主なUFD製品

サンディスク
『SanDisk USBフラッシュドライブcruzer colors+8GB BlackReadyBoost対応SDCZ23-008G-J65B』

イメーション
『Imation USBフラッシュドライブスウィブル 8GB FlashD-T8G』
『Imation NanoFlas Driveフラッシュドライブナノレッド4GB UFDN4G』

キングストンテクノロジー
『Kingston USBフラッシュドライブ DataTraveler64GB DT200/64GB』

ATP
『ATP USBフラッシュドライブPetito512MB200倍速ゴールドAF512UFP1GD』

パソコンから拡張子ファイルやフォルダーをコピーしたり上書き保存する際、
普通はそのまま問題無く書き込みが完了するのですが、まれに大容量のデータを一度に
転送したりする場合、あとで開こうとしたら『ファイルが壊れていて開けない』という事があります。

アイコンに合わせてプロパティを見ると0バイトになっている場合や、エクスプローラから『応答なし
となって展開できないパターン、読み込みの途中でソフトウェアが強制終了してしまう場合など。





何かのアプリケーションソフトでファイルを開く場合、そのソフトに付属している
ファイル回復ツールがある場合はそちらを用いて読み込めるように修復を実行してみましょう。

しかし最初にUFDに書き込んだ時にプログラムがデータ伝送時に保存ミスを起こして
破損した状態で拡張子Fileが書き込まれていたり、
または後で気づかないうちに上書きや削除をしてしまったというケースもあります。

ファイルの壊れた、ないし消えた状態を直したい時は、市販のデータ復旧ソフトウェアか、
または専門データリカバリーセンターで、痕跡を元に直せる可能性もあります。

もちろんパソコンのハードディスクにバックアップがあれば、
そちらを開いてもう一度USBフラッシュドライブにコピーをし直されてみてください。

何も書き込めなくなっている場合には、今までの長い使用で製品が寿命を迎えている
可能性もありますので、別の補助記憶メディアか新しいUSBフラッシュドライブに
データを保存し直す事が必要になる場合もあります。



『「USBメモリー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»