システムエラー発生の動作障害から修復するには?

パソコンのシステムエラー(system error)とは、キーボードやマウスから指示した動作の処理が追いつかずに
作業が止まってしまったり中断や再起動、処理落ちを起こしてしまうトラブル、またバグやエラーが発生して
デスクトップに開いたソフトウェアの画面が固まって動かなくなったり、変な動作処理が起きてしまう障害などを指します。

主なエラーの状態

・ソフトウェアの画面が完全に停止して動かなくなる。
・エラーメッセージ、アラートボックスが表示される。
・予期せず電源が急に落ちる。
・自動的にアプリケーションソフトが強制終了する、勝手に再起動してしまう。
・一部のツール作業やデータ保存ができなくなる。
・アクセスエラーが発生してソフトウェアが展開できない。
・マウスポインタの移動やキーボードの文字入力が出来なくなる。
・アンインストールやセットアップが中断してしまう。
・データファイルのコピーや削除、転送が行えない。
・数分間パソコンが遅くなる状態が何度も繰り返される。

よくある事例として、インストールしたソフトウェアにプログラムのバグやセキュリティホールが含まれている場合、
またパソコンパーツのスペックが動作環境に足りていない場合にシステムエラーやハングアップの発生が起こりえます。

なるべく確実で早急に問題を直すには、専門のパソコン修理サポート店に問い合わせて、
即日診断や出張サービスなどのコースで修理をしてもらわれることをおすすめします。




ソフトウェア障害の解除方法

まず、システムエラーの発生後にアラートボックス(エラーの警告バルーン)が表示されましたら、
ダイアログボックス内に書かれていますテキストの指示に従って
対応サポートなどの参照先も元にして修復作業を行われてみてください。

エラーコードerror code)が表示された時は、その番号で
どのような障害が原因で不調が出ているか、どうすればリカバリーができるかどうかを確認することが可能です。

Windows10のパソコンでは、スタートメニュー→設定→更新とセキュリティ→「回復」のメニューを開いて、各種の
修復機能を試されてみてください。

Windowsが正常に立ち上がらない時は、セーフモードで開いてから再起動をしてみると、回復することがあります。

またはシステム修復ディスクやイメージディスクを事前に作成していましたら、どちらをDVDドライブに差し込みして、
各種の復元機能を使っての復旧作業を試みます。

ソフトウェアの修正パッチ配布や、PCのCPU・メモリといった部品の性能もパッケージや
取扱説明書を読み直してスペック上でのパワー不足がないかどうか確認をされてみましょう。

長期間の使用による損傷の蓄積

長くパソコンを使っているとハードディスクの内部セクタの断片化や
空き領域の不足といった、システム損傷の原因が蓄積していきます。

あまりにシステムエラーが頻繁に発生するようでしたら、一度重要なデータを外付けHDDや
RAID、NASなどにバックアップして後でサルベージができるようにした後に
OSの再インストールでパーティションを初期化させて白紙に戻してみる方法も有効です。

色々試してみて上手くシステムが回復しないようでしたら別の箇所も破損している可能性もありますので、
一度専門のパソコン修理サービス店にてエラー状態を見てもらわれることをお薦めします。