システムの復元が失敗する時にパソコンを回復するには?

WindowsパソコンのOSの調子がおかしくなった時や貴重なアプリケーションが
壊れてしまった時には、パソコン(パーティション範囲内)を指定した数日前~数十日前の
状態にまで巻き戻して回復させられる『システムの復元』が有効です。

手順はスタートメニュー⇒コントロールパネル⇒システム⇒システムの復元タブ、と開いて
実行や詳細の設定を行うのですが、何らかの理由でシステムの復元が失敗する
または復元ポイントにちょうどいい時間のものがないトラブルもよく起こりえます。

例えば、バックアップデータとして保存する『復元ポイント』の日を必ず事前に指定して
作成しておく必要があるのですが、これをしていなければオペレーティングシステムの状態の
バックアップが保管されていないため、前のシステムデータを復旧するには
他の方法を試す必要が出てくることもあります。

(デフォルト設定では復元は行えるようになっています。)

必須事項ですので必ず、スタートメニュー⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒システムツール
⇒システムの復元 で復元ポイントを作っておきましょう。

頻繁に行うにはデスクトップ画面にショートカットアイコンを送ると便利です。

Windows画面がちゃんと開けていないなど、OS自体に問題がある場合も
難しくなります。コンピューターウイルスの拡大感染がひどい状態などがやっかいですね。

また、HDDやCPU、メモリの使用量が限界近くまでになっていると
システムの復元を実行するための空き容量が足りずに止まる事もあります。





右クリックのプロパティ画面で確認をして、空き容量が少ないようでしたら
いらないファイルやソフトウェアを削除したり、他に使用中のアプリケーションを
閉じたり一時的に無効にするなどして、パソコンの負担を軽くしてみましょう。

他に、コマンドプロンプトパフォーマンスとメンテナンスで、
【システムの復元サービス】にエラーが発生していないかもチェックして、
トラブルシューティングも確認されてみましょう。

スタートアップ修復を施したり、コマンドプロンプトの画面で「chkdsk」と打ち込み、
ファイルシステムの問題を修復してみます。

また、セーフモードでオペレーティングシステムが開けるかどうか試してみます。

どうやってもシステムの復元が使えない、という事態の時は
OSのクリーンインストールで一度初期化をするとWindowsは直す事が出来ます。

しかし今までのデータやプログラムソフトが全部消えてしまいますので、これらを取っておく時には、
再セットアップをする事前に、専門のデータ復旧サービス店にて
バックアップとファイルの回収を行ってもらいましょう。



『「システムのリカバリー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»