データ復旧の即日の検査で修復してもらう特急サービスとは?

デスクトップパソコンやノートブックPCの本体、また外付けHDDやNAS、メモリーカードなどは、
機器の経年劣化や回路の摩耗による寿命が近づくにつれて、少しずつ調子が悪くなっていきます。

しかし、少しコンピューターや周辺機器に不具合が出てきたくらいの時期であれば、
まだ何とか、故障する前に内部のデータをバックアップできる猶予があります。

トラブルに備えて対処を特急で行えるように、先にシステムを組んでいればなお安全です。

しかし突然のアクシデントで、ハードディスクのエラーや誤った削除のミス、
また物理的な破損のトラブルなどに、急に出くわしてしまうケースもよくありす。

そんな時のためのデータの復旧を即日での検査で、またスムーズな時には当日で修復をしてもらう、
専門の事業で実施された特急コースのサービスとはどういったもの?という疑問について。

データが突然に消失・破損するトラブルの事例

下記に、急なデータ損失の一例を記載しました。

・落雷や台風などの自然災害で、突然停電してOSと電源が閉じてしまった。

・契約会社側のサーバーが、データの保存の前に突然ダウンするアクシデントが起きた。

・ノートパソコンを持ち運び中に、ぶつけてパーツが破損してしまうトラブルが出た。

・うっかり貴重なファイルを、間違えて削除してしまった。

・コンピューターウィルスにかかり、データが破壊された。

・長時間のパソコン作業で、アプリケーションソフトの画面がフリーズしてしまった。

・間違えてストレージをフォーマットしてしまい、内部のファイルの表示が全部消失した。

・NASやサーバが、長時間の稼動で熱暴走を引き起こして故障した。

これらのトラブルが発生する前に、一度でもファイルを拡張子としてHDDやメモリーカードに保存されていれば、
プロのデータ復元のサービスセンターに出して、ファイルの修復や壊れた機器からの取り出しができる見込みがあります。




消えたデータの復旧を即日で急いで行いたい時は?

次に、急なシャットダウンのようなトラブルが起きた時には、バックアップを取る間もなく、
書きかけのファイルの未保存の部分が消えてしまい、データが失われてしまうケースもあります。

その際には、ExcelやWord、PowerPointのように、一定時間ごとにデータが自動で保存される、
バックアップの機能がオンになっていましたら、もう一度画面を開くと復旧できることもあります。

ですが、パソコンやビジネスサーバ、NAS自体が破損した場合は、
保管されているすべてのデータが、そのままでは開けなくなってしまいます。

もしクライアントの方を待たせていたり、納期限が迫っていて急ぐ必要がある時は、
即日で見てもらえる、または特急のスピードでデータ復旧の作業をしてもらえるサービスが助かります。

例として、AOSデータ復旧サービスセンター(DATA119)での、特急復旧サービスといったサポートがあります。

またLIVEDATAといった多くの企業でも、特急のサービスが実施されています。

(表示が消えたファイルの拡張子のプログラムが、大きく破損していた時は、
 即日で修復まではできずに、特急サービスでもやや時間がかかる可能性もあります。)

ほか、スマートファボといったモバイル端末の専用の、失ったファイルのリカバリーをしてもらえるデータ復旧サービスの業者もあります。

また、即日診断のコースだけでなく、電子機器の遠距離からの郵送で対応されている、
データリカバリーのサービスも数多くあります。

RAIDの検査をしてもらえる特急コースのサービスとは?

次に、市販のRAIDケースやNASでは、複数のハードディスクを搭載してそれぞれに同じファイルを、
同時に書き込みして多重化して保存する、RAID(ミラーリング)のシステムが搭載されています。

こちらを使用していけば、どれか一台のハードディスクが故障しても、残りのHDDがまだあります。

ですが、RAIDアレイ自体がリビルドの失敗やエラー、コントローラの破損で崩壊してしまうと、
一般の個人では、内部のデータの読み込みが非常に困難になってしまいます。

その際にも、急いでHDDを検査して、内部に残ったファイルの読み出しをしてもらうには、
同じくデータ復旧の特急コースでのサービスが役立ちます。

一方、RAIDケースやNAS、サーバの場合は複雑な精密機器であるため、パソコンと比べて、
より専門のデータ復旧サービスでのみ、ファイルの救出を請け負われていることが多いです。

RAIDやNAS専用の、緊急で24時間365日の窓口対応のサポートも大変役立ちます。




24時間の受付で機材からの修復をしてもらうこともできる?

次に、停電や災害などの影響で、PC本体やRAIDケース、NAS、サーバ、SDメモリーカード、USBメモリーなどが、
もし物理的に破損してしまうと、機材からのデータの読み込みができなくなるおそれがあります。

そんな時のために、日本全国の各地のデータ復旧サービスセンターによっては、
24時間365日受付の対応で、読み込めないデータの修復のためのコースでのプランも用意されています。

例として、特急データ復旧ウィンゲットのサービスなども参考になります。

夜中や年末年始にアクシデントが起きてしまい、できるだけ早く注文をしたい時に、大変助かります。

ほか、パソコン修理とデータ復旧は一緒に注文できる?という疑問については、こちらのページにて。

また、ガラケーの携帯電話やスマートフォン、タブレットPCからデータを間違えて削除した場合は、
携帯電話のメーカーや製造元で提供されている、オンラインでのバックアップと復元のサービスや、
クラウドストレージのシステムを通して、機種の交換の後で復旧ができる見込みがあります。

特急コースでデータの復元を依頼する時の料金は?

また、特急コースでのデータ復元の注文の場合は、料金が通常に比べて割高になることもああります。

その代わりに、自宅や自社からの距離によっては即日で手早く納品から検査ができる上、
最短一日で、データの復旧の作業が完了できる成功事例も多くあります。

故障した機材を郵送で業者の宛先に送る時は、宅急便や速達での依頼をして、
同じく特急サービスで申し込みをされてみると、更に早く済みます。

事前の初期診断と、成功報酬型のプランを行っているサポートもありますので
データファイルの修復の特急サービスは、いざという時に非常に心強いサービスです。