サーバーダウンによるデータ障害とその復旧方法は?

サーバー(サーバ、server)とは元々コンピュータ間で役割分担を担う呼称で、
パソコン同士の膨大なアクセス・クライアントのデータをスムーズに処理するための装置です。

ソフトウェアのサーバーとハードウェアのサーバーの二種類が存在します。

Windows Server2008や2003、HomeServerといったウィンドウズサーバーのOSで
稼動するコンピューターが一般的にも特に有名ですね。

サーバ稼動時の多大な負荷

使わないとき電源をオフにできるパソコンや周辺機器と違いサーバーは24時間
年中、つまりは動かし始めたら機械の寿命が来るまで稼動し続けなければ
ならないため、内部パーツへの負荷もはるかにかかります。

アプリケーション・パーティショニング(Application Partitioning)という、
複数のサーバを使って分散して管理し、マシーン一台辺りにかかる負担を
分散させたり障害の回復に強くする機能も説教区的に導入していきましょう。

また外部コンピュータからのクライアントにほぼサーバーが応えているので、
オンラインストレージや電子メール、ソーシャルネットワークのように
時間帯によって一度に莫大なアクセスが来るとデータ処理に多大な負荷がかかる事もあります。

DOS/Vマシーンのように耐久性もその分、高く設計されているのですが、
それでもこの負荷がかかりすぎるといわゆるサーバーダウンが起こり
サイトにアクセスできなくなり、一時的にウェブサービスなどページが閲覧できなくなります。

また、症状が重い時はサーバー内のデータが破損してしまう可能性もあります。




システム管理サービスへの依頼

このようにサーバーは常にダウンの危機に晒されているといえます。

サーバーがダウンしてしまった時はデータ復旧サービスセンターか
システム管理会社にて復旧してもらう事ができます。

高い修復率でしかも成功報酬型のプランも多く、また緊急時にもすぐに
診てもらえますので、いざという時に大変心強いサービスです。

UNIX(LINUX-リナックス)やWINDOWS、MAC OS X SERVER(マッキントッシュ製サーバー
などOSや製品の違いによって対応されているサービスも違う場合がありますので
申し込みの事前に詳しくオペレーター/アドバイザーの方にお伝えしましょう。

また、クライアントの方々へのお詫びの一言の伝達として、修復期間の間は
『ただ今システム障害により復旧中です。大変ご迷惑をお掛けいたします。』
といった告知のお知らせメッセージをアップロードする事も大切です。

訪問者の方に迷惑がかからないよう、なるべく早急にデータ復旧業者の方に
診てもらい、少しでも早く修理をしてもらった方が良いでしょう。



『「サーバーダウンの復帰」のカテゴリーの前後のページ』

»