サーバーダウンによるデータ障害とその復旧方法は?

ネットワークを通して、複数のコンピューターでアクセスする機械であるサーバが、
ある時、過大な負荷といったアクシデントでダウンしたり故障を起こして開けなくなってしまったら、
どうすればログインの状態やデータを復旧することができる?という疑問について。

サーバを稼動する時に掛かる多大な負荷とは?

まず、サーバー(server)とは、元々コンピューターの間で役割分担を担う呼称で、
パソコン同士の膨大なアクセス・クライアントのデータを、スムーズに処理するための装置です。

使わない時に電源をオフにできるパソコンや周辺機器と違い、サーバーは24時間年中、
つまりは動かし始めたら、機械の寿命が来るまで稼動し続けなければならないことも多いです。

そのため、内部パーツへの負荷もはるかにかかります。

アプリケーション・パーティショニング(Application Partitioning)という、
複数のサーバを使って分散して管理して、マシーン一台辺りにかかる負担を分散させたり、
障害の回復に強くする機能も積極的に導入していきましょう。

また、サーバールームの整備や修復を、専門のサービスで代行してもらう方法もあります。




アクセスの集中によるサーバーダウンとは?

次に、外部のコンピューターからのクライアントにはほぼサーバーが応えています。

なので、オンラインストレージや電子メール、ソーシャルネットワークのように、
時間帯によって一度に莫大なアクセスが来ると、データ処理に多大な負荷がかかることもあります。

DOS/Vマシーンのように耐久性もその分、高く設計されています。

ですが、それでも大きな負荷がかかりすぎるといわゆるサーバーダウンが起こることもあります。

そうなるとサイトにアクセスできなくなり、一時的にウェブサービスなどのページが閲覧できなくなります。

また、重いトラブルが出た時はサーバー内のデータが破損してしまう可能性もあります。

サーバのデータバックアップの構築

次に、サーバにはソフトウェアとハードウェアのサーバーの二種類が存在します。

Windows Server、HomeServerといった、ウィンドウズサーバーのOSで稼動するコンピューターや、
Linux(リナックス)のプラットフォームが、一般的にも特に有名です。

インターネットには、クラウドストレージといった、
オンラインでデータを保存できるサービスも提供されていて、
これらにコンピューターのファイルを送信して、自動バックアップすることができます。

たとえば、アルファネット 様のバックアップサーバの構築サービスといった、
LANを通してデータを保存するサービスを提供されている企業もあります。

また、ホスティングサーバから失ったデータは復旧できる?という疑問については、こちらのページにて。

サーバー(Server)やNAS(Network Attached Storage)に、深刻なエラーや熱暴走、
アクセスの負荷といった原因によるダウンなどの障害や、災害による機材の故障が発生すると、
ハードディスクドライブに保管されたデータが開けなくなってしまいます。

そうなった時には、専門のリカバリーサービスにて、
読み込めない機器からHDDを取り出ししてもらい、ファイルを復旧してもらう方法もあります。




サーバーシステムの障害に対する防止の対策とは?

また、サーバー(Server)といえば、大手のIT企業より提供されているウェブサービスを、
構築・運営・管理するための大型かつ高性能なコンピューター群というイメージがあります。

ロボット検索エンジンの運営会社など最大手の会社では、
それこそ数千台もの大規模なサーバーの機械によって稼動されています。

しかし近年ではより身近なものとしても発展して、中小企業のクライアントサーバから、
自宅で構築できる小規模の個人専用サーバまで、幅広く販売されています。

ネットワークやハードウェアの発達とともに、NAS(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)や、
ファイルサーバをはじめ、どなたでも設備を揃えてファイル・ホスティング(file hosting)の
設定などを整えれば、サーバシステムの運営・管理ができるようになりました。

ノートパソコンをファイルサーバにしたり、TeraStationやLinkStation、LANDISKといった、
ネットワークアタッチストレージ、またビジネスサーバなどの機器が大変普及しています。

しかし、サーバーは熱暴走による負荷やアクセス集中によって、
サイバースペース(Cyberspace)へのログオンができなくなるダウンの障害など、
パソコン以上に回路やシステムのトラブルが発生しやすい面もあります。

ですが、たとえばBTOパソコンのブランドであるマウスコンピューターで販売されている、
ビジネスサーバ(Business Server)のMousePro-SVのシリーズは、購入をされる際に、
HDD・SSDやメモリ、拡張デバイスといったパーツを、用途に合わせてカスタマイズして取り付けてもらい、
あらかじめ、ある程度マシンの性能を上げてから使用することもできます。

アクシデントに対するシステムの保護や機体の整備、バックアップといったデータファイルの復旧の対策を、
設備を整えて稼働させるの前の段階から、綿密に行う必要もあります。

データベースのアクセスエラーの障害とは?

まず、よく起こりがちな障害としてはやはりオンラインストレージやブログなどの、
インターネット上のサービスでもよく見られる、クライアント(ユーザー)からの、
一時的なアクセスの集中により処理能力の限界を越えてしまい、
ダウンによるアクセスエラーやデータベースエラーが起こってしまうトラブルです。

ご利用されているユーザーが増加してきましたら、サーバの設置台数を増やしたり、
構築を変えてみたりと、常に調整を行うことが必須となってきます。

サーバのダウンが起こりやすい状態を直すには?

次に、サーバー(Server)やNAS(ネットワークアタッチストレージ)のシステムに、
ダウンやパーツの破損(クラッシュ)といった障害が発生してしまう問題に対しては、
まず、できる限り負荷をかけないように安全な使用を心がけることも大切です。

そして、配置する場所と環境にも注意を配ることも、トラブルの防止の対策をする手段として重要になります。

サーバールームには、冷却設備を配置して過熱をやわらげられるようにしておかれるのがほぼ必須です。

また、機械の大敵である直射日光、湿気、水気、電磁波、が当たらないように、
そして埃やゴミ、虫の侵入などもないように衛生面にも気配りが大切です。

もし、HDDのデータが開けなくなるアクシデントが発生して、カコンカコン と異音が鳴っていたら、
ヘッドクラッシュの故障が起きている可能性があるので、すぐに稼働を止めてください。

システム管理サービスへ依頼をする

しかしながら、サーバーはPCや周辺機器と違い、24時間365日の休みなしで動き続けます。

その分、丈夫に構築されているとはいっても、やはりハードディスクドライブなどの中心部には、
特に負担がかかってしまい、いつ故障やシステム障害が発生してもおかしくない状態となります。

サポート会社側で修復してもらえるシステムも大変良く、
サーバーを常時管理してもらえると、自分でやるよりもずっと安全かつ確実で大変頼もしいです。

サーバのHDDが破損してしまうとデータが開けなくなるので、バックアップと復旧の対策も重要です。

このようにサーバーは、常にダウンの危機に晒されているといえます。

サーバーがダウンしてしまった時は、データ復旧サービスセンターか、
システム管理会社にてリカバリーをしてもらうことができます。

高い修復率で、しかも成功報酬型のプランも多く、
また緊急時にもすぐに見てもらえますので、いざという時に大変心強いサービスです。

UNIX(Linux-リナックス)やWindows Server、またmacOS Server(マッキントッシュ製サーバー)など、
OSや製品の違いによって対応されているサービスも違う場合があります。

申し込みの事前に、詳しくオペレーター/アドバイザーの方にお伝えしましょう。

いつでも対処できるようにするには、24時間で状態の監視を行ってもらえる、
システム管理会社に依頼をして契約を結ぶのもおすすめです。

特に企業サービスでネットワークサーバを運営される場合は、必須ともいえるでしょう。

データ復旧サービスセンターで見てもらう

また、いざという時にすぐに対処できるように事前にコンピューター修理サービスや、
データ・システムの復旧サービス(出張修理対応の事業)もチェックして、
緊急の修復依頼をすぐに注文できる態勢を整えておかれることも重要です。

クライアントの方々へのお詫びの一言の伝達として、修復の期間の間は、
『ただ今システム障害により復旧中です。大変ご迷惑をお掛けいたします。』
といった、告知のお知らせのメッセージをアップロードすることも大切です。

訪問者の方に迷惑がかからないよう、なるべく早急にデータ復旧サービスセンターの方に見てもらい、
少しでも早く修理をしてもらわれることをおすすめします。