不明な電子メールの添付ファイルは開封しないように!

パソコンや携帯電話の電子メール(Eメール)、またEメールの受信箱にはよく、不明な宛先からのメールが届く場合があります。

ある程度アドレスをしようしているとほぼ必ずといっていいくらいに、どうやってもあちこちから勝手に迷惑メールの類が入ってきますので、これはある程度仕方の無い事と思って、NGワードやNG・IPアドレスなどのフィルター機能を設定するなどして管理していきましょう。

問題のある受信メールの事例

英語のみで書かれたタイトルでしたらすぐに関係ない物と判明できるのですが、『~~からのお知らせ』『重要』などと書かれたスパムメールも多く、うっかり本文や添付ファイルを開いてしまうとコンピューターウイルスやスパイウェアの感染などのトラブルに当たってしまう事があります。

特によくわからない受信メールに添付されたファイルは、うかつに開かないように気をつけて下さい。

知らない所からのメールの場合かなり高い確率でウィルスプログラムが潜んでいます。

添付ファイルの開封を非常に巧妙かつ不自然でない表現で促すような本文が書かれた判別が難しいスパムメールも最近ではよく出現し、迷惑メールのフォルダに分類されず受信箱に入ってくるものも多いので、どのボックスに入ったメールでも十分に警戒してチェックするようにします。

スパムメールをフィルタリングして受信箱と自動で振り分けられるSender IDセンダー・アイディー】といった管理技術システムや禁止ワード(NG WORD)の設定も積極的に行いましょう。




メールアドレスのセキュリティの保護

また、メールアドレスはインターネットの掲示板やコメントフォームの入力欄には、不用意に書いて投稿しない方が安全です。

そのメルアドの受信箱に文字化け、英語のみ、といったおかしなメールが大量に送られてくるようになる事態になる場合も少なくありません。

もし有害ファームウェアがPCの内部に侵入した場合は、優秀なウイルス対策ソフトを使っていれば大抵はすぐに赤色画面での警告メッセージが表示されますので、感染が広がらないうちにスキャン機能でHDDから隔離・除去作業を実行して下さい。

いざという時のために、パソコンやiPhone、iPadなどの端末で使用する電子メールのデータをバックアップしたり、メールの復元をする手順については、こちらをご参照ください。

iPhone(アイフォン)の記録データは復元できる?

Apple IDのMailをバックアップして保存

対処が遅れてハードディスクから大事なシステムやファイルが破壊されてしまったら、プロのデータ復旧センターの方へ診断を依頼されてみることをお薦めします。