受信トレイから削除したEメールのデータを復旧するには?

Microsoft(マイクロソフト)の電子メールクライアント「Outlook」(アウトルックス)や、
MSNの「Outlookメール」といった電子メールソフトウェアにあります、受信トレイボックスに保管していた
受信メールをうっかり一括で削除してしまったり、プログラム上のエラー発生などが発生したり、
PCのフォーマットで正常に送受信できずにデータが消えた場合には、どうすれば復元ができる?という疑問について。

ゴミ箱のボックスを開いて受信メールを元に戻すには?

まずは基本としまして、パソコンの復元機能やバックアップ機能、
または各ソフトウェアに付属の修復プログラムを試して、回復作業を行ってみる方法があります。

例えば「削除済みアイテム」などのごみ箱フォルダーを開いてみて、
送信・受信・下書きメールのファイルが残っているかどうかを確認してみます。

ですが、それらを用いても消えたメールが開かなかった場合に何とかデータを復活するには
どのような対処方法を行えばいい?という疑問については、また様々な方法があります。




企業のオプトインメールを削除した後で復旧するには?

まず、ネットワーク上のサービスをご利用されている、どこかの企業の方からユーザー宛てに配信された、
オプトインメール(Opt-in mail)をうっかり削除してしまった時に、復旧する方法について。

ひとまず、企業のオンラインサポート(online support)に問い合わせて、同じメールを送付してもらうか、
公式サイト(official site)やML(メーリングリスト)で、同じデータがあるかどうかを確認されてみてください。

あるいは、ログインしたアカウントから送付する自動配信のサービスでしたら、
そちらの機能からメールの送付のボタンなどを押して、再送信をされてみてください。

操作の仕方がわからない時は、各サイトごとに用意されたオンラインヘルプ(online help)のページに移動して、
機能の詳細を確認されてみてください。

確認メールが受信箱に届かない時の原因と回復方法については、こちらのページにて。

メール復元ソフトからの受信箱の復活をするには?

まず、自力で何とかメールデータの復元を試みる有力な方法として、
AOSテクノロジーズの、「ファイナルデータ Eメール復元+抹消」や、
株式会社ジャングルの「完全メール復元」といった、
Mail専門のデータ復元ソフトを購入・インストールして入手する手法があります。

そして、ソフトウェアの操作の手順に従って、受信箱や下書きトレイの修復を行う手順を実践します。

データ復旧のソフトウェアでスキャンを掛ける

パソコンのオペレーティングシステム自体は無事に起動して、デスクトップの画面が開けて、
DVDブート機能での展開が可能な状態であれば、
リカバリー機能を持つユーティリティーの使用による、データ復旧の作業の試みが可能です。

「ファイナルデータ」などのデータ復元ソフトを起動して、コンピューター上のローカルディスク(C:)に
ドライブスキャンを掛けて、消えたEメールのファイルの検出の作業を数十分~数時間ほどかけて行います。

Windowsのパソコンでメールを復元する場合

例として、Windows 8や10でOutlookを使用されている場合、保存しているフォルダーは
「C:→Users→ユーザー名→Documents→Outlookファイル→archive.pst」 
といったディレクトリーの場所にあります。

失ったメールデータが確実に復帰できるというわけではないのですが、
消去してから日の浅いうちは、まだ拡張子の元が残っている見込みが高いので、
データの痕跡からある程度の高い確率で、これらのユーティリティーで元に戻すことができます。

時間がかなり経った後でファイルの修復はできる?

しかし、ある程度時間が経って痕跡データがほとんど消えている場合や、ファイルの損壊がひどい場合は、
専用のメール復元ソフトウェアでも、まだ修復ができない可能性もあります。

特にCドライブはパソコンを起動するたびにデータが頻繁に書き変わっていって、
ハードディスクへの上書き保存が多く行われるので、ご注意ください。

そのため、より確実に復元したい時は専門で運営されていますデータ復旧サービスセンターに、
注文をされてみることが、やはり最善な方法です。