TeraStationの不調をウェブ設定画面で復旧するには?

バッファロー(BUFFALO)のNAS製品「TeraStation」(テラステーション)を
日々パソコンなどにつなげて使用している際に、あるいは購入して設定をする際に、
何かのエラーやデータが開けないトラブルが出る、といった不調が起きた時に、
WEB設定画面を開いて復旧を試みるにはどうすればいい?という疑問について。

Web設定

まず、テラステーション自体はパソコンに無線LANルーターなどでのネットワークを通じて
接続されているかどうか、Windowsのエクスプローラーなどを開いて確認します。

次に、管理用の「NAS Navigator2」(ナス・ナビゲーター2)を開きます。

ボリューム、または共有フォルダーのNASのアイコンに赤い×などの
エラーマークが付いていたりしないかどうかを確認します。

一度テラステーション、無線LANルーター、パソコン全ての電源を切って、
またUSBケーブルを差し込み直してから再起動してみると、直る場合があります。

ネットワーク自体はつながるようでしたら、ブラウザのWEB設定画面からログインします。

その際、無線LANルーターで割り当てられた指定のIPアドレスの番号が変わっていて
無効なアドレスになる場合がありますので、その時にはもう一度、
「NAS Navigator2」を開いてから、メニュー画面でWEB設定画面に入ります。





新しくメッセージが通知されていましたら、そちらの説明に従って、TeraStationの更新を行います。

筐体の後部にある冷却ファンに埃が溜まっていたら、排熱が十分にできずに
不調をきたす場合があるため、金網やプロペラに付いたゴミを綿棒や針で丁寧に除去します。

テラステーション本体のファームウェアの更新を行うと、エラー状態から復旧できる可能性もあります。

「システム」のタブから「メンテナンス」を開き、「ファームウェア アップデート」
⇒「アップデート実行」を押して、TeraStationのシステムが最新版に更新されます。

※EMモード(復旧モード)になっていてWEB設定画面が開けない時は、
 バッファローの公式ホームページからファームウェア・アップデーターを入手します。

不調の原因がよくわからない時は、「管理」→「初期化」→「TeraStationの初期化を実行」で
購入時の状態にまでNAS本体をリセットする形で復旧させる方法もあります。

初期化を実行

また、RAIDのディスクアレイが崩壊して読み込めなくなってしまった時は、
「ディスク」→「ディスクフォーマット」を実行すると、RAIDの再構築ができます。

その際はデータも一緒に初期化されてしまうため、バックアップしていない必要なファイルが
まだ残っている時は、TeraStation自体が故障してしまった場合も含めて、
先にNAS製品を取り扱われているデータ復旧サービスに出して、内部のHDDに保存された
ファイルを取り出ししてもらわれることをおすすめします。



『「TeraStation」のカテゴリーの前後のページ』

«

»