LinkStationにエラーが発生した時にデータを回復

バッファローから開発・販売されていますネットワークハードディスク(NAS)の
LinkStation』(リンクステーション)を使用されている際、または使い始めの設定中に
何らかのエラーが出てしまい、ネットワークドライブに保存しているデータが
読み込めなくなった時には、どうすれば状態を修復して救出できる?という疑問について。

接続エラー

【リンクステーションの製品の一覧】

・BUFFALO:バッファローリンクステーション ネットワーク対応HDD 2TB LS410D0201
・BUFFALO:リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 2TB LS220D0202C
・BUFFALO:リンクステーション ネットワーク対応ハードディスク(NAS) 1TB LS-Y1.0TL
・BUFFALO:高速モデル NAS(ネットワークHDD) 2TB LS-V2.0TLJ
・BUFFALO:リンクステーション RAID 高速ネットワーク対応HDD 4TB LS-QV4TL/R5

まず、LinkStationの本体に点灯しているランプが普段と違う色に点灯していたり、
INFO/ERROR、FUCKTIONなどのランプが点滅をしていないかどうか確認します。

BUFFALOのオフィシャルホームページから、購入されているリンクステーションの
型番の製品に該当するユーザーマニュアルを、PCのHDD/SSD、または外付けHDD、
RAID、NASなどの場所に保存して、パソコンで開きます。

各種ストレージデバイスの『マニュアル』のPDFファイルに表記されています
「共有フォルダーが開けないときは」、といったメニューを参照にして、
どのような問題が起きているか、その原因をチェックして、修復の手順を確認します。

LANケーブルが無線LANルーターに差し込まれていなかったためにNASへの接続が
できなかったり、ルーターが過熱でエラー状態になっていたりすると、
ネットワークに接続できなくなるため、回線の状況も見直してみます。

お使いのデスクトップパソコンやノートパソコンと違うインターネット回線に
LinkStationが繋がっているとフォルダーにアクセスできないため、
複数のインターネットサービスプロバイダに加入をされている方はご注意ください。

LinkStationなどのNASに問題が出て開けなくなった時は、個人でできることには限りが出るため、
最初から自身でそれ以上電源を入れるのは、状態悪化の防止のために控えて、
プロのデータリカバリーサービスに出して診てもらわれることも、一つの選択になります。





リンクステーションが熱しやすい場所に配置されていると熱暴走によるエラーで
動作が止まってしまいやすいため、涼しく通気性の良い場所に配置します。

また、定期的に、冷却ファンとその周辺や通気口にホコリが溜まっていて
排熱性が下がっていないかどうか確認して、本体の掃除も行います。

リンクステーションの接続

ファームウェアの修復

ウィンドウズのエクスプローラーを開いて、コンピューターの項目に表示される「Share」のアイコンに
赤色の×マークが付いていると、共有フォルダーが開けなくなり、データが読み込めなくなります。

Shareフォルダー

しかし、最初に開いた時にはたまたま×マークが出ているだけで、
実際に開くとフォルダーにアクセスできることもあります。

管理用アプリケーションの「NAS Navigator」(ナスナビゲーター)を開いた時に
お使いの種類のストレージの項目を開いた時にエラーメッセージが出ている場合も、
やはりNASがネットワークに接続できていないケースがあります。

ドライブが見つかりませんでした。

表示はされているけれど「!」などのエラーマークが付いている時は、
LinkStationのファームウェアに「復旧モード」などのエラーが出ている事があります。

その場合には、BUFFALOのサービスの専用ページから『ファームウェア・アップデーター』の
プログラムをパソコンにインストールして、手順に沿ってLinkStationをアップデートします。

これで元通りになって、内部のフォルダーにアクセスしてデータを救出できます。

また、インターネットに接続できてWEB設定の画面が開けるようでしたら、
状態が良くない時にはデータを外付けHDDなどの場所にバックアップをした後に、
メニューからアップデートや初期化をしたり、ディスクアレイの設定変更などを行ってみます。

メンテナンス

NASの本体自体が故障してしまいどうしてもデータが開けない時は、
以下の手順で内部ファイルを回収する手法もあります。

まずLinkStationのケースからハードディスクドライブを一台取り出します。

それをデスクトップパソコンのケース内部の未使用のドライブベイに増設するか、
外付けHDDケースに差し込みしてPCにUSB接続してみます。

そのままだと『XFS』というWindowsやMac OS Xに対応されていないフォーマットの形式で
フォルダーへのアクセスができないため、『復旧天使』など、NASのHDDにも対応された
データ復元ソフトを購入してインストールします。

こちらを開いて、スキャンされたストレージのうち「SGI XFS」という項目を開くと
ディレクトリにアクセスできますので、こちらのデータをバックアップする形で復旧します。

または、NASの機器に対応されていますプロのデータ復旧サービスセンターに出して、
必要なファイルを回収してもらうこともできます。

ハードディスクドライブ自体が故障してしまった場合でも、
同じく、物理障害に対応されたデータ復旧業者の方に出して、ファイル救出の作業をしてもらえます。



『「LinkStation」のカテゴリーの前後のページ』

«

»