テラステーションに接続できないトラブルを解決するには?

「TeraStation」(テラステーション)や「LinkStation」(リンクステーション)など、
パソコンをはじめ複数台のコンピューター機器にネットワーク回線を通してアクセスして使う
BUFFALO製の「ネットワークドライブ」(network drive/NAS)を、

最初にセッティングする時になぜか正常にアクセスができなかったり、
急に接続できなくなった時は、どのようにすれば直せる?という疑問について。

主な無線LANルーターの製品の一覧

・BUFFALO: Wi-Fiルーター エアステーション AOSS2 1300+450Mbps WZR-1750DHP2/E
・I-O DATA:11n/b/g対応 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) 300Mbps WN-G300R3
・ELECOM:11n/b/g対応 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) 300Mbps WRC-F300NF
・PLANEX:コンセント直挿型 無線LANルーター ホテル用 11n/g/b 150Mbps ちびファイ3 MZK-DP150N
・Logitec:無線LANルーター 300Mbps 11n/b/g対応 LAN-W301NR

(※こちらの参照例では、Apple社製のMac OS XのMacbook Airのノートパソコンに
 BUFFALOのTeraStationを接続する場合でのトラブルの解決について解説していきます。)

お使いの無線LANルーター(モデム)がバッテリー切れや発熱、停電の影響などで
電源が止まってしまったりエラー状態になっていないか確認します。

また、LANケーブルをNAS、またはパソコン本体に繋げ忘れていないかどうかもチェックします。

他に電力不足による不備や、インターネット回線の容量の規定値のオーバーといった例もあります。

また、ハードディスクがドライブベイにしっかりと入っていて、
蓋もしっかりと閉まっているかどうかも確かめてみて、確認してみます。




フォルダーの位置がわからない時は、Macパソコンを起動して「Finder」のウィンドウを開き、
「共有」の部分に「TS~」と書かれた項目がありましたら、
そちらを開けばTeraStationの共有フォルダーにアクセスできます。

(Windowsの場合はエクスプローラーの「ネットワーク」や割り当てフォルダーなど。)

次に、テラステーションなどNASの電源ボタンを押して起動した時に、
「EROOR」などのランプが点灯して何らかのエラーが出ている状態ではないかどうか確認します。

例えば、テラステーションの正面のモニターに「SYSTEM Error E04 Can’t Load Krnl!」と
表示されている場合は、[ファームウェア]に問題が出ています。

また、「HD1 Error E16 HD1 Not Found」というように表示されている場合は、その番号の
ドライブベイにあるハードディスクがしっかりと接続ができていないか、故障しているおそれがあります。

NASの製品に同梱されていますDVDディスクの中にあるマニュアルのファイルや取扱説明書や
メーカー先の公式ホームページにて、各エラーの事例とトラブルシューティングの方法を確認できます。

ファームウェア・アップデーターで更新

NAS本体の「ファームウェア」がビジー状態になっていましたら、公式ホームページに
パソコンでアクセスして、最新の「ファームウェア・アップデーター」をインストールして
プログラムのセットアップとアップデートの手順に従って更新します。

IPアドレスのウェブ設定のページにアクセスできるようでしたら、
ユーザー名や初期パスワードを忘れてしまった場合も、マニュアルや公式HPなどで確認します。

(BUFFALOのLinkStationやTeraStationの場合は
初期ユーザー名:「user」または「admin」、初期設定パスワード:「password」。)

ハードディスクドライブが一台以上故障している場合は、新品への交換が必要になります。

どうしても問題の原因が分からない場合や、NASの本体そのものが
電源回路やコントローラーボードの破損などの原因で物理的に故障していると思わしき場合は、
メーカー先のカスタマーサポートのサービスに問い合わせて、修理に出す必要があります。

またはお預かり期間が長くてもっと早く直してもらう必要がある、という場合は、
NASを取り扱われている私設のコンピューター修理サービス店に出して見てもらう方法もおすすめです。