Google Chromeで以前にアクセスしたデータを復旧

Google(グーグル)の提供サービスで配布されていますインターネットのウェブブラウザ
「Google Chrome」(グーグル・クローム)で、以前にアクセスしたことのあるウェブページのURLが
分からなくなったり、インターネットを通じてパソコンに保存したExcelなどのファイルの場所が
分からなくなった場合、どうすれば復旧して開き直すことができる?という疑問について。

ウェブブラウザ

まず、以前に閲覧したことのあるウェブページのURLアドレスがわからなくなり、
メモなどにも保存していなかったため、もう一度開き直したい、という場合は、
Google Chromeの画面の右上にあります、縦に並ぶ「…」の「設定」アイコンを開きます。

履歴」の項目にマウスカーソルを当てて、同じく次に表示された「履歴」を選択します。

これまでに閲覧してきたページの履歴データが一覧に表示されます。

この中からスクロールして、大まかに、閲覧した日時のところまで遡ります。

該当するページタイトルの項目が見つかりましたら、そちらを選択してアクセスします。

また、「最近閉じたタブ」の項目には、名称の通り
少し前に閉じたタブが一覧で表示されますので、そちらから開き直すこともできます。

コンピューターに問題が発生してパソコンの方に保存していたネットワーク関連のデータが
消えてしまったり、フォルダーが開けなくなった場合は、
専門業者であるデータ復旧サービスセンターで、ファイルを救出してもらうことを推奨します。




ブックマークのチェック

「ブックマーク」の項目では、過去にブックマークしたページデータとフォルダーが表示されます。

もしアクセスしたページと同じサイト内で階層が近いページなどがあれば、
そちらを開いて探して復旧してみる方法もあります。

ブックマークと設定のインポート」の機能では、
Microsoft EdgeやInternet Explorerなど、ほかのウェブブラウザの
お気に入り・ブックマークを、GoogleChromeに読み込みすることもできます。

また、「ダウンロード」の項目では、以前にウェブサイトから配布されているExcelデータなどの
ファイルの一覧が、パソコンに保存したフォルダーも含めて表示されます。

どのホームページに保管されているかがわからなくなった場合には、
表示されているURLアドレスがヒントになります。

グーグル・クローム

閲覧履歴を残したくない場合には、「その他のツール」→「閲覧履歴を消去」で
Google Chromeから履歴データを消去することができます。

 ※もし誤って必要な閲覧履歴まで消去してしまった、という場合は、バックアップデータを探す、
  またはデータリカバリーサービス似て、元に戻してもらってみてください。

パソコンのオペレーティングシステム自体の方に問題が発生していてネットが開けない、
ウェブブラウザが見れない、という場合には、まず、「システムの復元」などの回復機能を使って
コンピューターを以前の状態に戻して、修復を試みてください。

それでもファイルが開かなかった場合には、OSのリカバリーをして復旧を試みるか、
パソコンのトラブルサポートセンターに出して問題を直してもらわれることをおすすめします。



『「インターネットのトラブル解決」のカテゴリーの前後のページ』

«

»