USBメモリが破損した時にデータを復旧するには?

USBメモリを、うっかりパソコンの本体や、外部のカードリーダーといった読み取り装置のUSBポートに
長時間差し込みっぱなしにして忘れてしまった際に、もう一度使おうとしたら、
データの読み込み不可のエラーや破損のトラブルが起こってしまった時は、
データの読み取りの復旧を施すにはどうすればいい?という疑問についての。

USBメモリが高温、低音、水気で破損する場合とは?

まず、USBメモリは持ち運びが簡単にできる一方で、移動中に強い衝撃を受けて割れてしまったり
高温、低音、湿気にさらされてしまう、水をかぶってしまう、あるいは間違えて
消去やフォーマットをしてしまった、という予期せぬアクシデントに見舞われてしまう可能性もあります。

ノートパソコンなどでの差し込み中に強い圧迫や水没による損壊が起きてしまうと、
USBポートやカードリーダーに接続した時に読み込みができずデバイスマネージャーに認識できなくなることが多く、
水気を受けたり割れてしまう破損の場合は、修理も難しくなってしまいます。

しかし内部の記憶部分(メモリチップ)がまだ無事である例は多いので、そのまま棄てずに、一度
専門のデータ復旧サービスセンターにて修復の作業をしてもらわれることを推奨します。

USBメモリの初期化をして修復する

USBメモリやSDカード、外付けハードディスクがパソコンで読み込めない、という場合は、
モニタの画面上で何か警告のメッセージなどは出てきたら、まずはそちらの指示に従います。

例えば新品のUSBメモリやハードディスクを買われた場合は、クイックフォーマット(初期化)を行います。

この際、まだ内部に大事なデータファイルが残っていて、バックアップを取っていない状態の場合は、
うっかり「フォーマットしますか?」の選択のバルーンで「はい」を押して初期化されないように、ご注意ください。

「ドライバーをセットしてください」とメッセージが出たら?

「ドライバーをセットしてください」というメッセージが出た時に、
「オプション(詳細)」という項目を選んで新規、またはフォーマットを選択して、
新しいパーティション(Cドライブ)を作成して、そこにはじめてOSをインストールできます。

データファイルの持ち運びに便利な小型の記憶装置として普及している
USBメモリ(Universal serial bus flash memory card)は、
現在ではわずか数cmのカードで最大のものでしたら数十GBものファイルの
書き込み保存が可能なので、その分、定期的なデータの整理も大事です。

メモリーカードの製品の寿命が来たら?

データの読み書きを何千回、何万回と繰り返して、製品の寿命が近づいて読み込めなくなってきた時は、
まだ完全に破損したとは限らず、少しUSBメモリを冷ましてしばらく置いてから、
別のUSBコネクタや別のパソコンに差し込んで読み込んでみると、
一回、二回だけデータが開けることもあります。

その機会に、すぐにすべてのデータをバックアップする形で復旧されてみてください。

USBメモリが割れて破損すると壊れる?という疑問については、こちらのページにて。

データ復旧サービスにてファイルを抽出してもらう

また誤って必要なファイルの拡張子を削除してしまったり、USBメモリーをうかりフォーマットした場合は、
市販のデータ復元ソフトを使って、スキャンをかけて、修復を試みることができます。

USBメモリの回路が破損して開けなくなったり、コンピューターウィルスによる感染で破壊されてしまった場合も、
プロのデータの復旧サービスセンターで見てもらって、復活できる見込みもありますので、
決してあきらめずに一度お問い合わせをされてみてください。

保存されたファイルの取り出しが可能であれば、別の補助記憶媒体にて移し変えてもらうことができます。