USBメモリの故障を修理するには?

現在で最も普及しているデータ補助記憶装置の一つである
USBメモリ』(ユーエスビー・フラッシュメモリのカード媒体)を使用している時に、
急に読み込めなくなり機器が故障したと思われる場合は、修理することはできる?と思われる場合について。

USBフラッシュメモリの損傷の事例

・ポケットに入れていたら、知らずに圧迫して押し潰してしまった。

・メモリーカードを足で踏みつけてしまい、割れてしまった。

・USBコネクタに差し込みしている時に、引っ掛けて先端を折ってしまった。

・洗面器や水溜りの中に入っていて、水濡れ・水没した。

・高電圧がかかりショートした。

・窓を開けていたら大雨や飛沫がかかっていて、水に濡れていた。

・数ヶ月、数年使っていないうちに、何故かデバイス認識されなくなった。

・土や埃、ごみが差込口に詰まって、読み込めなくなった。

・数千回、数万回と書き込んでいくうちに、経年劣化で製品の寿命が来た。

USBメモリが故障するトラブルとは?

USBフラッシュメモリは、デスクトップパソコンの本体の前面や後部、またはノートパソコンの側面や
USBカードリーダーなどのコネクタに差し込んで使うメモリーカードです。

普通は特に専用アプリケーションソフトウェアのインストールも必要なく、ただカードをUSBポートに
挿入するだけでコンピューターのデバイスに自動的に新しいハードウェアとして
自動的に検出されて、USBメモリ(flash memory)に保存してあるファイルを読み込むことが出来ます。

しかしメモリーカードの媒体やコネクタの部分が、外部からの衝撃や異物の混入などの原因で
故障が起きていると、デバイスマネージャーに認識されなくなり、使用できないこともあります。

PCのデータのコピーに使うUSBフラッシュメモリの安全性は?という疑問については、こちらのページにて。

USBコネクタに異物が挟まっていたら取り除く

データの補助記憶装置(auxiliary storage)である、USBメモリ(USB memory stick)が故障してしまうと、
内部のファイルやフォルダー、プログラムといったデータが読み込みできずに閉じ込められる状態になります。

急にパソコンに接続できなくなったら、まず両方のコネクタ(差込口)にごみや埃、
または水分や汚れが詰まっていないかを確かめて、掃除を行います。

USBメモリは特に持ち運びの機会が非常に多いメモリーカードであるため、外に持って行く時は
必ずキャップやカバーを閉めて、衝撃を強く与えないように何かに収納して運ぶようにしましょう。

壊れて開かなくなったメモリーカードの交換

ハードディスクドライブなどの他のデータ記憶媒体と同様、USBメモリもその内部は
コントローラ(基板)といった精密な部品で構成されているため、
一般の方では基本的に分解して故障を修理することはほぼ不可能です。

そのため、フラッシュメモリの中身がもし壊れていると思われる場合は、
メーカー先のカスタマーサポートや、プロのパソコンといた電子機器の修理サービスに問い合わせて、
故障の状態の確認と修理の依頼をされてみることをお薦めします。

保存されたデータファイルは復元できる?

USBメモリに保存してあった貴重なデータファイルが、間違った操作のミスで削除されている時は、
市販のデータ復元ソフトウェアである「ファイナルデータ」や「Superファイル復活」といった、
周辺機器にも対応されたのデータ復旧ソフトをパソコンにインストールして、読み出して修復する方法も使えます。

しかし物理的に内部の回路まで故障していて開けなくなった場合は、一般個人ではやはり難しくなります。

より確実に必要な内部のファイルを救出したい、という際には、
プロのデータ復旧サービスにUSBメモリを出して、見てもらわれることをおすすめします。