USBメモリの故障を修理するには?

現在で最も普及しているデータ補助記憶装置の一つである『USBメモリ
(ユーエスビー・フラッシュメモリーカード:flash memory)を使用している時に急に読み込めなくなり、
機器が故障したら修理することはできる?と思われる場合について。

USBフラッシュメモリはデスクトップパソコン本体の前面や後部、またはノートパソコンの側面や
USB2.0カードリーダーなどのコネクタに差し込んで使うメモリーカードです。

普通は特に専用アプリケーションのインストールも必要なく、ただカードをUSBポートに
挿入するだけでコンピューターのデバイスに自動的に新しいハードウェアとして
自動的に検出されて、USBメモリに保存してあるファイルを読み込むことが出来ます。

しかしカード媒体やコネクタ部分が外部からの衝撃や異物の混入などの原因で
故障が起きていると、デバイスマネージャに認識されず使えないこともあります。

USBフラッシュメモリの損傷の事例

・ポケットに入れていたら押し潰してしまった。
・足で踏みつけてしまい割れた。
・USBコネクタに差し込み中、引っ掛けて先端を折ってしまった
・洗面器や水溜りの中に入って水没した
・高電圧がかかりショートした。
・大雨や飛沫がかかって水濡れした。
・数ヶ月、数年使っていないうちに何故かデバイス認識されなくなった。
・土や埃、ごみが詰まって読み込めなくなった。
・数千回、数万回と書き込んでいくうちに製品の寿命が来た。




急にパソコンに接続できなくなったら、まず両方の差込口にごみや埃、
または水分や汚れが詰まっていないかを確かめて、掃除を行います。

USBメモリは特に持ち運びの機会が非常に多いメモリーカードであるため、外に持って行くときは
必ずキャップを閉めて、衝撃を強く与えないように何かに収納して運ぶようにしましょう。

データファイルが削除されていたり破損している時は「ファイナルデータ」や「Superファイル復活」
といった、周辺機器対応のデータ復旧ソフトから読み出して修復する方法も使えます。

しかし物理的に内部の回路が故障していると難しくなります。

ハードディスクドライブなど他の記憶媒体と同様、USBメモリも内部は精密な部品で
構成されているため一般の方では基本的に分解して修理することはほぼ不可能です。

そのため、フラッシュメモリの中身がもし壊れていると思われる場合はメーカー先の
サポートやプロのPC機器の修理サービスにて状態の確認と修理の依頼をされてみることをお薦めします。