ユーザープロファイルの破損を修復するには?

ユーザープロファイル(user profile)とは主に、Windowsパソコンで
個別に設定したユーザー別の設定環境が保存された特殊なフォルダのことを指します。
例えば1台のパソコンを2人以上の方が使用するために、それぞれの用途や
プライバシー、カスタマイズに合わせて、2つ以上のユーザーに分けた時の
それぞれの内容がユーザープロファイルに保管されていて切り替えができます。
しかし、稀にコンピューターのシャットダウンや再起動をした後で、
何らかのデータ保存エラーが発生してしまい、
ユーザープロファイルが読み込めません』といったメッセージが出て、
クライアント個別のアクセスが出来なくなるトラブルが出ることがあります。
その際まずWindowsを起動してロゴ画面が出てから、デスクトップが開く手前の青い背景の画面で、
メニューに自分の作成したログオン専用アイコンが表示されているかどうかを確認されてみてください。
ログオンが上手くいかない場合は一度電源ボタンを数秒間押して電源を切り、しばらく経ってから
もう一度パソコンを起動させてみます。
それでもまだ開けないようでしたら破損の可能性もありますので、以下の修復手順をお試しください。





まず、他の開けるアイコンを選択してWindowsデスクトップ画面を開きます。
次に画面左下のスタートメニューからコントロールパネル⇒ユーザー アカウント、と進みます。
そこで、新しいアカウントを作成して、以前と同じような名前を付けたりアイコンを設定したりと、
新規作成を行います。
そして次に、マイコンピュータ⇒右クリックでのプロパティ⇒ユーザー プロファイルの項目の
設定』⇒で対象のユーザーアカウントを選択し、コピー先のフォルダを指定してOKを押します。
またはマイコンピュータからDocuments and Settingsフォルダを開き、
以前のユーザー名のフォルダがあれば他の記憶領域などにコピー&ペーストをしておきましょう。
その後、そのユーザー名のフォルダは削除します。
(これらの手順や表示は、WindowsのOSバージョンや各設定で多少異なります。)
そして新しいユーザープロファイルに、バックアップを参考に以前に使っていた壁紙などの設定をし直します。
(そのまま貼り付けると、破損した部分まで上書きされるおそれがあります。)
ですが重度の破損による障害で、必要なファイルが開けなくなっている場合は、
プロのデータ復旧サポート店にて見てもらわれることを推奨します。