「ユーザープロファイルを読み込めませんでした」と出た時の復元

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のオペレーティングシステムがインストールされたパソコンで、
「ユーザープロファイルを読み込めませんでした」というエラーのメッセージが表示されて、
「User profile」へのアクセスができない時には、どうすれば復元できる?という疑問について。

「ユーザープロファイルを読み込めませんでした」の問題とは?

Microsoft Windows(ウィンドウズ)のOSで使われている「ユーザープロファイル」【user profile】は、
コンピューター上でユーザー別のプライベート用にログインできるように設定した特殊なフォルダです。

要約すると使用者ごとにそれぞれ展開・使用ができる、保護された特別な領域です。

(注意:『ユーザープログラム』(user,s programs)は
ユーザーが開発したプログラムのことで、ユーザープロファイルとは別のものです。)

ですがある時、普段どおりにユーザー別でのログオンが急に失敗してしまい
「ユーザープロファイルを読み込めませんでした」と警告のメッセージが表示されて、
フォルダーにアクセスできないようなアクシデントが出てしまう場合があります。

HDDの重要なデータが開けなくなった時は?

ユーザープロファイルが読み込めませんでしたので、
既定のシステムファイルを使ってログオンしました。

といったエラーメッセージが表示された場合、こうなると違う設定環境で開かれて、
ユーザープロファイルに保存してあったHDDの重要なデータが開けなくなってしまいます。

初心者の方には少し難しいかもしれない作業が多いので、ひとまず無難に直したい時には、
専門のパソコン修理サポートや、データ復旧サービスセンターの方に問い合わせて注文をして、
初期診断を受けてから、修復の作業を行ってもらってください。

セーフモードやシステムの復元の機能で起動する

Windowsで、このアクセス不可のトラブルが出た場合、まずは一度OSをシャットダウンして、パソコンを再起動します。

BIOS(Basic Input/Output System)の画面が映ったときにキーボードのF8キーを連打して、
ブート(Boot)の起動設定の画面で、「セーフモードで起動する」と選択してパソコンを開きます。

これでデスクトップを開いたら、次にスタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ
⇒システムツール⇒『システムの復元』と選んで、起動します。

そして前回の復元ポイントまでシステムを遡って修復して、これでユーザープロファイルが開ければOKです。

そして、念のために外付けハードディスクドライブ、または外付けのRAIDケース、NASなどに
必要なデータをバックアップして、後にいつでもサルベージができるようにします。

ユーザープロファイルの破損を修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

またはWindowsの起動ディスクをCD/DVDドライブのトレーに挿入して、システム回復オプションの
「スタートアップ修復」か、「システムの復元」を実行してシステムファイルの破損状態を修復させてみます。

新しいユーザーアカウントを作成する方法とは?

もしくは、コントロールパネルの「ユーザーアカウント」の項目を開きます。

「別のアカウントの管理→」「PC設定で新しいユーザーを追加」と進み、
「家族のメンバーを追加」や「その他のユーザーをこのPCに追加」の項目で、
新しいアカウントを作成して、一度そちらでWindowsを開き直します。

その他の参照:Windows10の使用方法

https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/features?activetab=feature-pivot%3aprimaryr2

その後でDocuments and Settings(ドキュメント・アンド・セッティング)、または
「ドキュメント」や「ピクチャ」などのディレクトリにある、前の古い破損したフォルダーを開きます。

新しい方のユーザー名フォルダーに、データファイルをコピーペーストで移行します。

また、一度パソコンのドライブベイからハードディスクやSSDを取り外して、
別のパソコン本体にDドライブとして増設したり、外付けHDDケースに入れて、外部のローカーディスクとして、
WindowsのエクスプローラーやmacOS/Mac OS XのFinderからデータを開く形でバックアップと復元をする方法もあります。

データが開けない時にリカバリーをしてもらう

しかし、ユーザーのアクセス権限がなくて、読み取りができない場合もあります。

Windowsでユーザープロファイルを読み込めないだけでなく、もしも他のデータもまとめて開けなくなったり、
ファイルが壊れてしまったら、普通のユーザープロファイルの破損とは違う、深刻なトラブルである可能性もあります。

その場合は、OSのリカバリー作業を行うか、またはやはり専門のパソコン修理サポートセンターで
ユーザーの設定などを修復してもらわれたり、データ復旧サービスセンターへの依頼をして、
HDDやSSDの内部のフォルダーにある必要なファイルを回収してもらわれることをおすすめします。