VMware Workstationの仮想化マシンのデータを修復

VMware Workstation(ヴイエムウェア・ワークステーション)とは、
アメリカのコンピュータ用ソフトウェア開発・製造メーカー『VMware』から販売されている、
デスクトップ仮想化のマシンとして運用するための、ソフトウェアの製品です。

このVMware Workstationの仮想化マシンを使用しているうちに、もし機能で構築しているデータファイルが、
誤った削除やシステムの破損で開けなくなったら、どのようにすれば修復することができる?という疑問について。

仮想機械の運用をする時のコンピューターの本体の強化

まず、デスクトップ仮想化とは、コンピューターの中にソフトウェアで仮想マシンを作り、
サーバ仮想化と同じく、デスクトップ環境を改良してWindowsなどのOSで運用することができる、
VDI(Virtual Desktop Infrastructure:バーチャルデスクトップインフラストラクチャ)という技術です。

VMware Workstationで、仮想機械(バーチャルマシン)の作成をすれば、
パソコンやサーバー1台(1組)でも、複数のOSや違うアーキテクチャのソフトウェアを使用して、
複雑なパターンでの作業を、仮想化マシンによって同時に行える、などのメリットがあります。

ですが、あくまで1台のハードウェアの中で複数のコンピューターを仮想化するため、
PCやサーバ本体の性能を十分に高くする必要があります。

もし、パーツの性能が低く動作環境が満たないと、読み込みの処理速度が遅くなったり、
場合によっては途中でエラーやフリーズが起きて、十分にメリットを生かせない可能性もあります。




仮想化マシンのソフトウェアのライセンスを新しく取得する

また、ソフトウェアの用途によっては、ライセンスを新しく取得する必要も出てきます。

VMware Workstation Proをはじめとする仮想化マシンの環境では、
取り扱うデータの量も、通常で使用しているパソコン環境よりも膨大なものになります。

そのため、ハードディスクドライブやSSDに保管しているファイルや、
システムの設定状況の保護といった措置も、また重要です。

使い方次第では、ライセンスを2つ用意して、用途とシステム、データを分散して使用するのも一つの方法です。

VMware Data Recoveryでデータをバックアップ

まず、データのバックアップ方法として、同じヴイエムウェア社から開発されている、
【VMware Data Recovery】(ヴイエムウェア・データリカバリー)という、
バックアップソフトウェアを購入して、マシンの保護に使われるのがお薦めです。

VMware Data Recoveryで、仮想化されたディスクベース内のすべてのデーターを、
そのままバックアップして、コンピューターの外部にも管理して保護します。

もし設定変更をミスして上書き保存をしたり、誤って必要なファイルやソフトを削除してしまっても、
バックアップを取っておけば、VMware Workstationの仮想化マシンのデータを、いつでも修復することができます。

ワークステーションから失ったファイルを復元するには?

また、VMware Data Recoveryには、VMware Workstationやパソコン、サーバといった機械が、
物理的な故障や災害によるダメージで破損してしまっても、迅速に修復するための、
ディザスタリカバリ・ソリューションの構築も実現できます。

しかし、バックアップソフトでワークステーションの予備のデータを保管していない内にトラブルが発生してしまった場合は、
一応WindowsなどのOSに対応されている、市販のデータ復元ソフトウェアをインストールすれば、
簡単なファイルの修復なら、早い内にならまだ何とか復旧できる見込みもあります。

また、Mac Proのワークステーションに障害が起きた時は?という疑問については、こちらのページにて。

もし、VMwareのWorkstation(ワークステーション)のコンピューターが正常に起動できない時に、
ハードディスクドライブ自体が、強い衝撃や水害で破損した時は、
ひとまずそれ以上は通電をされないように、ご注意ください。

たとえば、オントラックのVMwareデータ復旧のサービスなどがあります。

データ記憶装置は、VMware Workstationのコンピューターから取り出さなくても、
そのまま郵送や持ち込みで各地のデータリカバリーサービスに提出して、
ストレージの内部に保存されたままのファイルやフォルダーを取り出す形で、修復をしてもらうこともできます。




VMware Workstationの内部のファイルを復旧してもらう

また、システムの障害やコンピューターウィルスの感染などで、
もしマシンのオペレーティングシステムが全体的が破損してしまった場合は、
再インストールによる初期化で、VMware Workstationの仮想化マシンを修復する必要が出ることもあります。

ですが、先に内部の必要なファイルを取り出ししたい、という際には同じく、
専門のデータ復旧サービスセンターの方で、詳しく見てもらわれることを推奨します。