Windowsのシステムを修復するディスクを作成するには?

MicrosoftのグラフィカルユーザーインターフェースOS(オペレーティングシステム)の
Windows」(ウィンドウズ)をインストールしてあるパソコンを動かして使っていくうちに、
ある時突然、システムに不具合が起こってしまうトラブルが発生する可能性もあります。
そんな時のためにシステムを修復できるディスクを、Windowsでは作成できるようになっています。

外付けHDDを用意

まず、ウィンドウズのシステム修復ディスク、またはイメージディスク(バックアップ)の作成に使う
外付けハードディスクなどの大容量データ記憶装置を用意して、
USBコネクタなどからパソコンに接続して読み込ませます。
またはDVD-RやDVD-RW、DVD-RAM、BD-R/REなどのデータ記憶ディスクを用意して、
内蔵または外付けのDVDドライブ装置に挿入して読み込んでもいいです。
イメージディスクの作成の方は、容量の面で複数の枚数が必要になりやすいので、
できれば外付けHDDなど大容量の記憶装置を使う方をおすすめします。




コントロールパネルでの操作の手順

次に、デスクトップ画面左下のスタートメニューを開いて『コントロールパネル』をクリックします。
(Windowsのバージョンによって、細かい部分の操作は変わります。)
『システムとメンテナンス』⇒『バックアップと復元センター』と進み、
『コンピュータのバックアップ』
の項目に入ります。
個別のデータの方のみバックアップを取る場合は「ファイルのバックアップ」の方を押して進みます。
「バックアップをどこに保存しますか?」のウィンドウで『ハードディスク上』または『1つ以上のDVD上』
どちらか使用する方を選択して、『次へ』と進みます。
「どのディスクをバックアップに含めますか?」のメニューでは『ローカルディスク(C)』と、
他にパーティション分けした領域や増設したドライブがあって、それらも含めたい場合は
チェックを付けて、『次へ』をクリックします。(容量には注意してください )
そして『バックアップの開始』のボタンを押すと、ディスクへのイメージ書き込みの作業が始まります。
バックアップ作成が完了したメッセージが最後に出たら「閉じる」を押して終了です。

バックアップしたデータを保管する

データの書き込みが完了したら外付けHDDを安全に取り外して保管する、またはドライブのトレイから
DVDディスクを抜き取って、表面のシールに名前を書いてケースに入れてすべて保管しましょう。
そして、のちにパソコンに問題が起こってしまった時に
再びイメージを書き込んだディスクを出してドライブ装置のトレイに入れます。
もし後に何かWindows Vistaで深刻なトラブルが出てしまい、一度OSをインストールし直したり
HDDを交換しなければならない時には、パソコンを起動してからディスクを読み込ませて、
操作手順に従ってWindows Vistaのシステムを修復させます。

Windows Vistaの「CompletePCバックアップ」

「Complete PC バックアップ」の機能は、Windows Vistaの 「Business」(ビジネス)、
Enterprise(エンタープライズ)、「Ultimate」(アルティメット)の上位エディションで使用可能です。
 
「Home Basic」(ホームベーシック)と「Home Premium」(ホームプレミアム)では
搭載されていませんので、一般ユーザーの方はご注意ください。
Windows Vistaの上位エディションの起動ディスクをPCのDVDドライブに挿入して
インストール作業を進めるうちに、『Windows Complete PC 復元』という項目が出る画面があります。
イメージのバックアップをした外付けHDDをつなげてそれを選択して、手順に従って復元を行うと、
以前と同じ状態でまたWindows Vistaを使用できます。

システムが破損する主な原因

アプリケーションのエラーでOSが一部、正常に機能しなくなったり、レジストリの破損や
コンピューターウイルスの感染、Cドライブの容量の超過、互換性の問題、といった
数多くの原因によりシステムが一部壊れてしまうおそれも出てきます。
ですが、事前にこれらの想定外のハプニングを見越して、Windows7以降のシステム修復ディスク、
Windows8や10のファイル履歴、Windows Vistaの現在のイメージのバックアップを取る
「Complete PC バックアップ」(バックアップと復元センター)、またはシステムの復元など、
様々な機能が標準で備わっています。
しかし、この方法自体が使えないほどパソコンが壊れていた場合は、パーツの物理的な故障なども
考えられますので、壊れている箇所とその原因をしっかりと特定していくように注意してください。
どうしても直せない場合には、プロのパソコン修理サービスセンターにて、修復作業の
代行を行ってもらわれることもおすすめします。