Vine LinuxのOSの利便性と安全性とは?

Unix系オペレーティングシステムの一系統であるLinuxディストリビューションの一つ
Vine Linux【ヴァイン・リナックス】とは、Red Hat Linuxの派生から独自に開発が進み、
日本製の日本語対応バージョンが中心に国内で広まっています。

Linuxの特徴として、いつでもインストール配布サービスからダウンロードして
PC他、自宅サーバーやワークステーションなど多くの機器に使用できます。

Vine Linuxは日本製なので日本人にはなじみが良く、
ファイル管理コマンドの入門書等を読み、独自の操作方法を覚えていけます。

ユーザー数が全体の大多数を占めるWindoiws OSと比べてずっと少ないのですが
その分、サービスのセキュリティの安全性が結果として高いという利点もあります。





ウィンドウズのシステムファイルで発動するワーム型ウイルスやスパイウェアがUNIX系では
侵入しても動かずに済んだり、またハッキングやクラッキングなどネットワークを介した
侵入に対してもOSプログラムの違いから、受けにくいメリットもあります。

しかしLinuxで作成したデータファイルを、ウイルス対策が不十分な
Windowsパソコンに移し変えた瞬間、そちらのプログラムに入ったと同時に
有害ファームウェアが起動して感染が広がる可能性もありますので
WindowsやMacintosh・UNIX系など複数の種類のOSを使われる際は注意しましょう。

各サポートサービスでは、Windows以外で対応されていない業者様も少なくないのですが、
Vine Linuxのコンピューター機器も受け付けられているパソコン修理サービスや
データ復旧センターの店舗も数多くあります。



『「Linux・Ubuntu OS」のカテゴリーの前後のページ』

«

»