BSD Unix系パソコンOSのデータも復旧できる?

1968年、米国AT&T社にて開発されたマルチタスク・ユーザー機能を搭載するオペレーティングシステムUNIX(ユニックス)は、
現在に至るまでにBSDやLinuxをはじめ様々な派生OSが配布・販売されています。

UNIXオープンシステムのトラブル

これらUNIX系のオープンシステムに書き込んだデーターが、急なエラーや破損、読み込み不可になってしまう事故が出た場合、
WindowsやMacのパソコンと同じように復旧できる?という疑問について。

主なユニックス系配布プログラムには、GNU/linuxリナックス、GNU/Hurdハード、386BSD、FreeBSDフリー、NetBSDネット、
OpenBSDオープン、Solarisソラリス、Minixミニックスなどがあります。

まずUNIXの中でもlinux(リナックス・ディストリビューション)はもっとも有名かつ需要の高いフリーのオープンシステムであります。

『日本データ復旧サービスセンター』 『有限会社IUEC』などの多くのデータ修復サポートセンターにてサービスが対応されています。




ファイルの回復用ソフトウェアと復元サービス

BSDは『データリカバリーセンター』『データ復旧テクニカルセンター』などの
会社が対応されていまして、現在は各OSおきのレスキューサービスも多く見られます。

またAOSテクノロジーズからは
FINALDATA Linux on Windows』(ファイナルデータ・リナックス・オン・ウィンドウズ)
FINALDATA Solaris on Windows』(ファイナルデータ・ソラリス・オン・ウィンドウズ)
という、LinuxやSolaris対応の復元ソフトウェアも発売されています。

また、Linuxディストリビューションの『Ubuntu』(ウブンツ)や『Knoppix』(クノーピクス)のプログラムが
書き込みされたDVDディスクを入手して、ドライブ装置に入れてブート機能により起動します。

デスクトップ画面が開いたら、ディレクトリの表示画面を開きます。

そして、ハードディスクの中身のフォルダーにある必要なデータをコピーして、
外付けハードディスクなどの記憶装置に保存する方法も有効です。

より確実に大事なファイルを救出したい、という際には、やはりUNIXに対応された
プロのデータ復旧業者に、コンピューターを診てもらわれることをおすすめします。