Windows7のバックアップの作成方法

Microsoftからリリースされたオペレーティングシステム
「Windows 7」(ウィンドウズ・セブン)には、パソコンの中の貴重なデータを
安全にコピーして保存するためのバックアップツールが標準で搭載されています。

Windows 7 Professional

それまでのマイクロソフト・ウィンドウズ(XP以前)でのシリーズから一新して、Windows7では新しく
[スタート]⇒[コントロールパネル]の項目に[バックアップの作成]というメニューが加わっています。

まずは最初に、お使いのパソコン(内蔵HDDのパーティション)にある全ての
必要なファイルを複製する作業を実行します。





システムセキュリティのメニューにある[バックアップの作成]をクリックし、
『ファイルのバックアップまたは復元』の項目[バックアップの設定]を押します。

Windows Vistaでは、コントロールパネル⇒『システムとメンテナンス』の項目で
『バックアップと復元センター』というメニューを開いて表示します。)

外付けデータメディアの選択

次に、現在Windows7のコンピューターに認識されているすべての補助記憶装置
(外部ハードドライブ含む)の一覧が表示されますので、その中から
USB外付けハードディスク等を選択して、[次へ]で進みます。
(※大容量の外付けデータメディアを一つ購入して、接続する必要があります。)

バックアップの対象は[自動選択](推奨)でも良いですし、あるいは[自分で選択する]を選んで、
自分で特定のファイルやフォルダだけ指定する事も出来ますので、
どちらか好きな方法を取って、また[次へ]で進みます。

[自分で選択する]にした場合、[新規作成のユーザのデータをバックアップする]
[ドキュメントライブラリ][ミュージックライブラリ] [ピクチャライブラリ]
[ビデオライブラリ] [追加の場所] のうち、保存したい部分にチェックを入れます。

『次のドライブのシステム イメージを含める』にもチェックを入れて、[次へ]。

コピーファイルの内容確認

最後に、[バックアップの設定の確認]画面で保存場所を一通り確認します。

項目の下の[スケジュール]とは、初回で保存した分から、次回に差分(更新した分)の
データを新しく追加する時の時刻を表します。こちらも好きな時間帯のスケジュールに変更できます。

そして[設定を保存してバックアップを実行]のボタンを押すと、
少し時間をかけて指定のドライブ先にバックアップが作成されます。

注意としまして、このツールではWindows7 OSのシステムの設定や、インストールした
アプリケーションソフトウェアのプログラムまではコピーできませんので、OSの状態を
丸ごとバックアップされる場合には、[システムイメージ]のツールと併用で使う必要があります。

他の市販の、イメージバックアップソフトを購入して使用されてみてください。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»