Windows10のバックアップと復元機能を使用するには?

Windows 10(ウィンドウズ・テン)のオペレーティングシステムが搭載されたパソコンを購入、
またはアップグレードをして使用しているパソコンで、データのバックアップをするため、
バックアップと復元』の機能を使ってファイルを保存したり復旧させるには
どのような手順で行えばいい?という疑問について。

まず、パソコン本体とは別に外付けのハードディスクドライブが一台必要になります。

購入した外付けHDDをUSBコネクタに接続して、フォーマットを行います。

操作方法はこれまでのWindows 7やWindows 8とほぼ同一で、まずは
デスクトップ画面のコントロールパネル(control panel)を開きます。

「システムとセキュリティ」のメニューにある「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。

「バックアップの設定」を押します。

(すでに設定したものの変更の際には「オプション」を押して「バックアップ設定の変更」を選択します。)

ボリュームの一覧画面から外付けHDDの項目を選択して、「次へ」を押します。

コントロールパネル

「自動推奨」⇒「設定を保存してバックアップを実行」でCドライブのデータバックアップが開始されます。

しばらく時間がかかるので、待機をします。

Cドライブ自体が認識できない時は、それ以上ハードディスクを動かさないようにして、
プロのデータリカバリーサービスで、回復のために診断をしてもらわれることを推奨します。





作業が終わりましたら、ハードディスクを取り外して、
直射日光が当たらず暖気、冷気、湿気などに触れない場所に保管します。

定期的に差分更新のバックアップをとる場合や、そこからファイルを取り出す場合は、
指定した更新時刻の少し前にまた取り付け直します。

バックアップと復元

後に、重要なファイルを複数パソコン上に作成した場合や、コンピューターの設定・機能を
大幅に変更・追加したりしてすぐにデータのフルバックアップを取りたい、という場合は、
今すぐバックアップ」のボタンを押して更新データを保存します。

後にパソコンの調子が悪くなったり、必要なファイルを誤って削除した時に
以前のデータを復旧させたい時は、バックアップしたハードディスクをつなげ直して、
コントロールパネルの「バックアップと復元(Windows 7)」を開き直します。

そしてメニューの下部にある「ファイルの復元」ボタンを押します。

お好みでどの場所へどのように保存するかを、表示の手順に従って選択します。

一例として、「フォルダーの参照」⇒「ボリューム~のバックアップ」のフォルダーを開き、
「C:のバックアップ」を選択して、「フォルダーの追加」を押します。

一覧の「C:のバックアップ」を選択して、「次へ」を押します。

「元の場所」を選択して「復元」を押すと、以前のデータが同じ場所で回復されます。

Dドライブなど、別のパーティションにデータを保存することもできます。

フォルダーの参照

もし、バックアップに失敗していたり、バックアップをしてなかった時に、
重要なファイルを消去したりHDDが故障する、などの原因でデータを失い、
個人でできるデータの各種回復方法(他ページを参照)でも読み込まなかった時は、
ひとまず上書き削除を防ぐため、それ以上のHDDへのファイルの書き込みを控えます。

専門業者のデータ復旧サービスセンターに注文をして、
ドライブ装置の中にまだ残っている可能性のある拡張子をサルベージしてもらう形での
ファイルの復旧作業を注文されてみることをおすすめします。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»