Tempフォルダーのtmpファイルのデータを復元するには?

Microsoft Windows(マイクロソフトのウィンドウズ)のパソコンを使用している時に、
Tempフォルダー(Temporary/一時的な格納場所)という、
一時的なファイルを保存するフォルダーにあるデータを、誤った削除の動作で消してしまい、
後から復元をしたい場合には、どのようにすればいい?という疑問について。

WindowsのTempフォルダーの場所を開くには?

※こちらの一例では、Microsoft Windows 10(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)のパソコン上で、
 tmpファイル(テンポラリーファイル)の復旧を行う場合について、解説いたします。

まず、パソコン上では、この一時ファイルの方も一度 拡張子として作成・保存されています。

Tempフォルダーに保管されるという点以外は、データの形自体は普通のファイルと同じです。

このTempフォルダーの場所を開くには、Windows 10のデスクトップの画面のタスクバー左にあります、
「何でも聞いてください」と書いてあるボックスに、「ファイル名を指定して実行」と打ち込みます。

「ファイル名を指定して実行」の項目を選択するか、タスクバーの検索窓を選択します。

このボックスに「%temp%」と打ち込み、「OK」を押します。(%は小文字に変換してください。)

C:→Users→ユーザー名→AppData→Local、とエクスプローラーでディレクトリの階層を進めると、
「Temp」のフォルダーが表示されます。

もしこの時点で、Windowsのフォルダーの構造自体がおかしくなっていたり、
多くのあるはずのフォルダーやファイルが消えていたら、重度のOSの障害や、
コンピューターウィルスの感染による破壊のトラブルが出ているおそれがあります。

パソコンを操作している間も、Cドライブを常に回していて、
オペレーティングシステムの上書き保存(オーバーライト・セーブ)がされるため、
より確実に 消えたtmpファイルの回復をしたいという際には、そのままPCを動かさずに、
プロのデータリカバリーサービスに出して、復元をしてもらわれることを推奨します。




「.tmp」の拡張子のファイルを元に戻すには?

次に、「Temp」の場所にあります「.tmp」の拡張子が、一時ファイル(Temporary File)となります。

Tempフォルダーにあるデータは、数か月くらいの間は残っているものが多いです。

このフォルダー上で削除したファイルも、普通の消去の操作であれば、
すぐになくならず、まずはゴミ箱のフォルダーに移行します。

Windowsのデスクトップの画面にあるゴミ箱アイコンを開いて、
対象のtmpファイルを選択して右クリック→「元に戻す」で、元のTempフォルダーに戻ります。

ウィンドウズで手動でファイルを消去していた時に修復するには?

しかし、他の 直接的に手動でTempフォルダーから消去するような操作で削除した場合は、
ゴミ箱には移行せずに、そのまま画面の表示からは拡張子が消えてしまいます。

一時ファイルは大体の場合、回復させなくてもそれほど困るものはありません。

ですが、まだ必要だった分が自動的に削除されて、もし復元させないと困るデータがあった場合には、
ウィンドウズ10などの回復機能や、差分更新機能付きのフルバックアップのソフトウェアを、
もし事前に設定していましたら、そちらからのtmpファイルの復元の作業も試されてみてください。

また、フォルダーに保存したファイルを紛失した時に探して回復する方法については、こちらのページにて。

誤ってどこか別の場所にファイルを移動していたり、保存するディレクトリを間違えていて見失った時は、
検索機能で場所を探したり、ソフトウェアにある過去の閲覧や保存の履歴から確認する手法もあります。

パソコンから表示が消えたデータを復元するには?

次に、専用の「データ復元ソフト」を使用して、拡張子(Filename Extension)を復旧する方法があります。

こちらの一例では、AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ」を使用して、
必要だった分のtmpファイルが自動的に削除された、または手動で消去してしまった後で、
消えたデータを復旧する方法について解説いたします。

まずは、Windowsのパソコンで、DVDブートの機能からファイナルデータを起動します。

(最初は試用体験版を入手して、ストレージのスキャンを行うだけでも大丈夫です。)

「ファイルの復元」⇒「ゴミ箱から削除した場合」と進みます。

Cドライブの項目を選択して「検索」を押すと、消えた拡張子をスキャンする作業が始まります。

ドライブスキャンが完了したら、「ファイル種類フィルタ」のボタンを押します。

「以下のファイル種類のみを表示」を選択して、下側のボックスに「*.tmp;」と入力して、
「OK」を押すと、検出できたtmpファイルのみが一覧に表示されます。

データ記憶装置にtmpファイルを保存するには?

そして、これらの一時データを選択してから、「選択したファイル復元」を押して、
ひとまずは外付けHDDやRAID、NAS、Dドライブなどの別の場所に保存します。

そのテンポラリーファイルを、Microsoft Windowsのtempフォルダーにコピーペーストします。

ウェブブラウザなど、対象の一時ファイルを使っていた画面を開いて、
前に表示されていたデータの復元(Reconstruction of data)ができていれば、成功です。

また例として、エクセルファイル修復について(tmpファイルのみ残った状態)の&Aも参考までに。

※一時ファイルを読み込みするソフトウェアの状態によっては、データが正常に開けない可能性もあります。

データ復旧サービスで拡張子を修復してもらう

しかし、必要な一時ファイルが検出できなかったり、元の場所に当てはめても、
テンポラリーファイルが一部破損していて、正常に機能しない場合もあります。

また、ハードディスク自体が破損していたら、ボリュームへのアクセス自体ができなくなってしまいます。

どうしても より確実に、消えたtmpファイルを復元させたい、という場合には、
やはりプロのデータ復旧サービスセンターへのご依頼をされてみることをおすすめします。