ワード(Office Word)のファイルを回復するには?

マイクロソフト社より開発・配布されている、文書作成アプリケーションソフトウェア
『Microsoft Office Word』 (マイクロソフト・オフィス・ワード)とはExcelと同じく
MicrosoftOfficeシリーズの代表となる、最も普及されている文章生成ツールです。

作成テキスト文章の修復機能

ワードにはエクセルと同様に多数の便利なテキスト生成のための機能が搭載されています。
またヘルプ(トラブルシューティング)の機能も大変優れていますので、
誤ってせっかく作成していた文章を消してしまったり何かのアクシデントで
白紙に戻ってしまっても、まだ回復の操作を行うことで元に戻すことができます。
作業中のちょっとしたミスでしたらすぐに画面上メニューの[編集]にある
元に戻す(アンドゥ)機能を使えば一回~数回前のアクションの状態に戻すことができます。
『元に戻す』は一度プログラムを閉じてしまうと仮メモリの保存履歴も消えてしまうので
誤操作や上書き時のミスにご注意ください。
次に、間違えて文書を上書きしてしまったりシートを白紙状態にして
元に戻せなくなってしまった時は、メニュー→ツール→破損したテキストの修復
という機能(このプログラムを使うにはインストールCDが必要)、
あるいはヘルプ→MicrosoftWordヘルプとアクセスして表示される検索ボックスに「修復」、
または「回復」と検索すると、『トラブルシューティング:ファイルの回復』や
『ドキュメントの回復』など、いくつかのお役立ち機能についての案内と操作手順が
表示されますので、これらの指示に沿って復元作業を行われてみてください。




外部要因によるデータの閲覧不可や破損

Windows 98の古いパソコンで、いろいろソフトが入っていて、削除してから立ち上げようとすると、
途中まで立ち上がるけれど、そのまま途中で止まってしまうようになってしまい、
ワードやエクセルに記載した内容を見ることが出来なくなった、といった時は、
もう一度Windows 98のリカバリーディスクを入れたらいい?というご質問について。
Windows98のリカバリーを行えば、パソコンが初期化されるので
大抵のエラーやシステム障害は直すことができます。
その後でもう一度ExcelやWordをセットアップすれば問題なく使用できます。
しかし、今までの保存ファイルも一緒に消えてしまうので、先にUSBメモリなどに
必要な分だけのデータをコピーしてバックアップを取ることをおすすめします。
Wordのプログラム上とは関係なく、誤ってフォルダ画面からファイルを
削除してしまったり、コンピューターウイルスにかかってデータが破損してしまう、
といったシステム的なアクシデントでWordファイルを損失する場合もあります。
そんな時は、AOSテクノロジーズの『ファイナルデータ 特別復元版』などの
ファイル復活ソフトウェアを使ってみたり、プロのデータ復旧サービスセンターにて、
修復作業を請け負ってもらうこともできます。