Windows XPの起動ディスクでパソコンを回復するには?

WindowsパソコンのOS画面が起動しない、という緊急事態は、オペレーティング システムの中でも
特に歴史の長く需要の多い、Microsoft Windows XPによく見られるトラブルです。

Windows XP

Windows XP(ウィンドウズ エックスピー)はWindows Vista(ウィンドウズ ビスタ)が
発売されるまでの間の長期間、主流だったので現在でも最も利用者数の多いOSです。

そのため、Windows XPの画面が起動できないエラーや故障を
修復する処理作業はわりと一般的にも普及しています。

セーフモードからの起動といったシステム回復方法のほかに、
Windows XP 起動ディスクを使ったリカバリー方法があります。

XPが起動できないトラブルは、前回起動時でアプリケーションソフトウェアのインストールや
操作の影響で起こる場合も多く、電源の立ち上げ直後にF8キーから開くセーフモード
間単に復活できる場合と、セーフモードでは直せない、やや深刻なパターンがあります。

MBR【マスターブートレコード】が壊れている状態等がその一つですね。

Windows XP自体が開けないのでパソコンにある程度詳しい方でなければ原因の特定が少し
難しくなるのですが、Windows XP起動ディスクをあらかじめ作成して用意しておけば大丈夫です。

起動ディスクを作成する手順はまずフォーマット済みフロッピーディスクを6枚用意し、
マイクロソフト サポート オンライン【Microsoft】のホームページから
OSのバージョンに合わせたWindows XP起動ディスクのデータを保存します。

ローカルディスクのどこかに保存したら、【実行】で開き、
デスクトップ上に作られた専用アイコンをクリックで開きます。

使用許諾契約書を確認したら同意をして、セットしたフロッピーディスクに
一枚ずつ順に手順に従ってデータをコピーをして、完成です。

パソコンの部品自体がすでに故障してしまっていて画面が開かない場合は、
一度カスタマーサポートか私設のパソコン修理店に診てもらわれることを推奨します。





WindowsXP起動ディスクは主に、システム的な破損をリカバリーできます。

しかしマザーボードや電源ユニット、CPUの電圧負荷による焼き焦げ、
ハードディスクドライブのヘッドクラッシュによる破壊といった物理的なダメージは
リカバリーディスクの方で開かないため、別の手法で回復を行います。

これらの故障は、パーツの新品交換によって修理していきます。

また、データファイルは外付けハードディスクやRAID、NAS、レンタルサーバなどにバックアップを
残しておかなければ修理へのお預かりの際にHDDのフォーマットなどの措置に伴い消えてしまいます。

先にパソコンから引き出しておきたい場合はハードディスクを抜いて、
専門のデータ復旧サービス店の方で内部抽出による復元をしてもらわれる事をおすすめします。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»