システム回復オプションを使ってWindowsを復活

Windows XPや2000、HomeServer2003の旧ウィンドウズOSでは、急にパソコンやサーバの
起動ロゴ画面が開かなくなるトラブルが起きた時、付属のCD/DVD-ROMディスクを挿入して
回復コンソールを立ち上げて修復する方法がありました。

ですが、最近のOSであるWindows7やVista、Home Server 2008では、
付属のオペレーティング・システム インストール用DVDディスクに
『システム回復オプション』という復活用ツールが導入されています。

XP以前の回復コンソールよりも画面が青くグラフィック化されて
操作方法もよりわかりやすく使いやすい仕様に出来ています。

コンピューターの電源ボタンを押してBIOS画面が表示された後に正常にOSロゴやデスクトップが
表示されず困ってしまった場合に、まずは製品に同梱されている、
Windows Vista/7/HomeServer2008のインストールDVDをドライブ装置に挿入します。





青と緑色の『システム回復オプション』(Windowsのインストール)画面が
表示されましたら、日本語設定の確認をして、「次へ」で進みます。

画面左下の『このコンピュータを修復する』を選択して、表示された選択窓に
今まで使用していたOSのバージョンが出ているのを確認したら、「次へ」で先に進みます。

次に出てくる「システム回復オプション」画面で、
【スタートアップ修復】【システムの復元】【Windows Complete 復元】
【Windows メモリ診断ツール】【コマンド プロンプト】と選択肢が
ありますので、この中の回復ツールから状況に合わせて使用していきます。

最初は「スタートアップ修復」あたりから使っていき、それでも開かないようでしたら、
他の各オプションも使用して、復活ができるかどうか試してみてください。

これらのツールを一通り使ってもWindowsが立ち上がらなかったり、もしくはディスク自体の
認識が出来ずにドライブで読み込まない時は、プロのパソコン修理サービス店
破損をチェックしてもらうか、またはデータ復旧サービス店でハードディスクの
内部ファイルを回収してもらいその後でOSの再インストールをしてシステムの初期化を行ってみましょう。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»