BAKファイルでアプリケーションソフトのデータを復元

IBMホームページ・ビルダーやエディタ・outlook expressといったソフトウェアによっては、
ツールを作成してフォルダーに保存をする際に、
同時に拡張子が.『.bak』のBAKファイルが自動的に作られる機能があるソフトもあります。

フォルダー上のバックファイルとは?

まず、バックアップファイルは主に白いペーパーのような画像で置かれています。

(他に『.OLD 』といったファイルの拡張子も存在します。)

このBAKファイルは予備のデータとして自動作成されるもので、通常の拡張子で表示されている方の
メインで用いる同名ファイルが壊れてしまったり間違って削除した時などのアクシデント時に役立ちます。

.BAKの拡張子を、コマンドライン、エクスプローラといったツールで
失ったファイルと同じ拡張子に変更することで、データを復活させられます。
(ソフトウェアによってはもう少し複雑な設定をする必要もあります)




BAKファイルを自動的に作成する機能とは?

次に、「.BAK」のファイルは拡張子を名前を付けて保存する際に、自動的に一緒に作られます。

アプリケーションソフトウェアによっては初期設定でこの機能がオフになっている可能性がありますので、
一応、バックアップファイルの作成機能が搭載されているユーティリティーを使い始めの際に
BAKファイルが一緒に保存で来ているかどうか、エクスプローラーなどを開いてチェックします。

ワードで作成したタイトルやテキストが消えてしまった場合、一度作ったファイルなら、メニューバーの
「Microsoft wordヘルプ」の検索窓で、 「回復」と打って表示される
「ドキュメントの回復」「ファイルの回復」などの機能で修復を試みることができます。

すでに作成して保存したファイルを消してしまって元に戻したい時は、
Windowsの「システムの復元」などの機能も使えます。

しかし専用フォルダーが丸ごと消えて.BAKファイルまで失われてしまった場合は
この方法以外での復元の手段を試みる必要が出てきます。

bakやoldのファイルがない時には『ファイナルデータ』といった、
データ復元ソフトウェアをインストールして回復を行う方法があります。

または、データ復旧の専門サービスの方で状態を見てもらうことで、拡張子の修復を試みることも出来ます。