データが飛んだ時、下手に動かしてはいけない?

パソコンのハードディスクの中のフォルダやレンタルサーバー内のディレクトリ先、またメモリーカードや
DVDディスク、レコーダー、linkStationなどの電子機器に何かの問題が急に発生して保存していたデータが飛んだ…!
という急なトラブルに遭われてしまった際、いきなりの事態なので
どうしてもなかなか落ち着けずに慌ててしまいがちですよね。

しかし、ここで下手に補助記憶装置のフォルダ内を操作したり、機材を無理に動かそうとしてしまうと、
逆に更にデータの状態が悪化して壊れてしまう危険があるため、注意が必要です。

ファイルや機器の破損の状態

ファイルが消えたように見えても、実際には「ゴミ箱フォルダー」に割り当てられるなど、
どこか別の場所に何らかの操作ミスで移動されている場合もあるので確認してみましょう。

また、知らない間に自動的な差分のデータバックアップが行われている場合もあります。

また、画面上ではデータが飛んでいるように表示されていても、記憶装置のセクタ部分にはまだデータの痕跡が
残っている可能性が高く、すぐに適切な復旧措置を行ってもらえば回復できる事も多いです。

しかしその前に別のファイルへの上書きをしたり、何度も電源の起動とリセット、フォルダを開く/閉じる、
などの操作を繰り返されてしまうと、残っていた痕跡が消えてファイルが飛んでしまう事があります。

現在の表示の画面やエラーのサインをチェック

また、デスクトップパソコンやノートパソコンなどの機器が物理的に故障して起動ができなくなった時も、
機体を激しく揺さぶったり叩いてしまうと破損が進行する可能性が高いので、無理な取り扱いは決して行われないようにしましょう。

最初に、画面がどのように表示されているか、またはエラーランプやビープ音などが出ているかどうかをチェックします。

製品を購入した時の箱に、「困った時のユーザーマニュアル」、「Q&A」、
「トラブルシューティング」というような取扱説明書のページを開きます。

アクセスランプの点灯・点滅の具合やビープ音の鳴り方、エラーコードなどメッセージの種類といった故障の状態で
発信される信号をよく見て調べていくと、どの部分のパーツまたはシステムがどのように故障しているかの原因がわかります。

もしもの急な事故操作ミスでデータが飛んだ時のために事前にバックアップを取っておくのが一番の対処方法なのですが、
バックアップデータが無い状態でファイルが飛んでしまった場合には、その状態のまま無理に
電源やシステムを動かすのは控えて、製品の修理サポートまたはデータ復旧サービスセンターに
問い合わせをして適切なアドバイスを受けながら、対処を行われる事を推奨します。