ウェブページが表示できない時にデータを修復するには?

インターネットのホームページやウェブログ、または独自サービスなどを作成して、
サーバーのホスティングサービス、ファイルマネージャーにアップロードした後で確認したら、
なぜかページが表示されない、または一部のHTMLやコンテンツがちゃんと見れなかったり、
他、ネットワーク上のデータの表示が出来ないトラブルが出たら、どうすれば修復できる?という疑問について。

データが非表示になる状態の主な原因とは?

・URLアドレスの文字が一部間違っていて、何もないページを開いていた。

・アップロード・インポートの際に、FTP(File Transfer Protocol)などから送信できていなかった。

・別のディレクトリかファイルマネージャーにファイルを転送している。

・HTML(HyperText Markup Language)のソースの記入を書き間違えている。

・CGI(Common Gateway Interface)やPHPのプログラムが、一部損壊している。

・データベースに有害なコンピューターウィルスなどの感染が発生している。

・一時的にユーザーアクセスの増加で、サーバーがダウンしている。

・アカウントサービスが終了、または休止・停止している。

ホスティングサービスのドメインの有効期限が切れている。

・古いウェブブラウザ(Web Browser)で対応できないページを開いている。

・サービスで指定されている最大容量が100%の使用状態になっていて、それ以上は送信できない。

・ホームページのサービスによっては、PHPなど一部のプログラムが使用できない。

上記のようなアクシデントは、インターネット上では頻繁に起こりえます。

サイトのデータの構造上で問題があると思われる場合は、
各プログラムやアカウントサービスの操作のマニュアルに沿って修正していくことで、直していきます。

また一部のトラブルに対しては、オンライン上のトラブルに対応された、プロのシステム管理会社や、
パソコン修理サポート、データレスキューサービスで、問題を直してもらうこともできます。




ソースのコードを作成する際の記入ミス

スクリプトタグのコンテンツが表示されない場合は、<HEAD>内に、指定のjavascriptのメタタグが
記入されていない、ということがあります。

<meta http-equiv=”content-script-type” content=”text/javascript” />

または、スクリプトのタグが正常に記入出来ているかどうか、
提供先の外部ドメインサービスは正常に動作されているかどうかをチェックされてみてください。

※HTML5では省略できます。

背景画像や文字の大きさ、色が調節できない、という場合は、
CSS(スタイルシート)のメタタグはHAED内に記述されていない場合があります。

<meta http-equiv=”content-style-type” content=”text/css” />

またはスタイルシートの表記をミスしていないかどうか、お確かめください。

※同じくHTML5では省略できます。

テキストが文字化けしてしまう場合は、正しいURLエンコードが入力されていない可能性があります。

 また、phpやcgiなどのウェブプログラムが一部破損していないか、確認をされてみてください。

タグのテキストを書き間違えてページが破損した時にデータを修復する方法については、こちらのページにて。

そして、書き直したデータを、FTP(ファイル・トランスファー・プロトコル)やファイルマネージャーで
アップロードし直して、表示の状態が修復されているかどうかを確認されてみてください。

ウェブログのページが正しく映らない時は?

通常のホームページと違い、ウェブログの場合は多くのサービスで
独自のカスタマイズ用の「変数」が用意されています。

主なWEBLOGのサービスには、FC2、はてなブログ、seesaa、TypePad、JUGEM、ココログ、goo、Blogger、
Ameba、忍者ブログ、So-net、ライブドア、ヤプログ、エキサイト、ウェブリブログ、などがあります。

テンプレートやプラグインを編集していたら、突然すべてのページが真っ白になってしまった、という時は、
重要な変数のタグを消してしまったり、必須のコードタグを削除、または文字変更していた、という場合が多いです。

(または非表示・プライベートモード設定になっていて、公開されていないケースもあります。)

パソコン上でページのデータを書き直すには?

パソコン上で、特定のデータの表示の設定を編集するには、対象のファイルやフォルダーのアイコンを
エクスプローラーなどの画面で右クリックして、プロパティの画面から行うか、専門のユーティリティーを使います。

ブログのHTMLソースを変更したい時には、事前にメモ帳(Notepad)などに
コピーペーストして、更新前の状態のソースを保存しておくとよいでしょう。

Windowsのパソコンのエクスプローラーや、macOSのPCのFinderといった、フォルダー(Folder)を閲覧する
ウィンドウの画面にある、「.html」といったデータファイルが壊れて読み込みできなくなった場合は、
たとえばホームページビルダーなどのソフトウェアで作成したファイルは、「.bak」という拡張子が
同時に作られていて、そちらの拡張子名を、「.html」などに変更すると、予備のバックアップデータが開けて復旧でます。

元のテンプレート(テーマ)を適用して修復する

以前のソースのバックアップデータを取ってなくてわからなくなった場合は
同じテンプレート(テーマ)か別のテンプレートをインストールして適用することで、
大体は修復することが出来ます。

インターネット上にのみ保存されているデータは、一度消えたり変更されると、
通常のデータ復元の方法では元に戻すことは出来ないため、エクスポートの機能やコピー&ペーストで、
こまめに外付けハードディスクやRAID、NASといった外部のデータ記憶装置にデータのバックアップを取って、
いつでも復旧ができるようにしておかれることを推奨します。

ですがサービスによっては、ログがある程度の期間保存されている予備システムが用意されていたり、
直接お問い合わせをされてみることで、一度消えたコンテンツを復旧してもらえる場合もあります。