消したファイルの元データを復元するには?

パソコンのハードディスク内にWindowsのオペレーティングシステムをインストールした時に作成された
マイコンピューターのドキュメントやピクチャ、ビデオ、またその他、自分で作成したフォルダー、他、
外部の補助記憶装置(リムーバブルディスク)のフォルダに保存していた各種の拡張子ファイルを
右クリックで削除したり、ごみ箱を空する、の動作で消した後に、もう一度データを元に戻したい場合について。

まず、消去したファイルを復活させるにはファイル履歴の使用、
バックアップデータから引き出す、BAKファイルの拡張子を変更、もう一度作成をし直す、
データ復元ソフトを使用、データ救出サービスに注文する、といった方法があります。

しかし上記のうち、再び同じファイルを作り直す方法は、創作物やプログラムの再構築には
時間がかかる事と、完全に前と同じように作れない場合もありますよね。

また、会社内の重要な企業概要の取り扱いに関したデータだった場合、
特に、すぐに必要になる時は、間違って消してしまうと非常にやっかいです。

そんな時はやはり元データを何とか復元させる方法を取られてみた方が良いかもしれません。

事前にバックアップデータかBAKファイルを自動的に別のフォルダや外部記憶装置、
クラウドサービスといった領域に差分の更新で定期的に保管する設定をしていれば、
そちらをデバイスで読み込ませて、復元機能の実行やコピー&ペーストによる
手動の操作で、前に消したファイルを簡単に取り戻すことができます。

DVD-RWやMO・外付けHDD・USBフラッシュメモリ、SDカード・SSDといった場所や
インターネット上のファイルマネージャーなどにも代わりのデータがあるかどうか
もし心当たりがありましたら一通りチェックされてみましょう。

専門のデータ復旧サービスに注文をして、修復の作業を行ってもらうと、より確実です。





しかし最近作ったばかりの元データを削除してしまい他にどこにもその全く同じ元ファイルが無い場合は、
市販のデータ復元ソフトウェアの試供版を入手してスキャンを行ってみるか、
または専門のデータ復旧サービスにて修復作業の注文をされてみてください。

消したばかりのファイルはまだセクタ部分などの記憶領域には
「痕跡」が残っている可能性が高く、これを検出できるかスキャンしてみる事ができます。

しかし復活できる元データが必ずセクタに残っているとは限らず、他の拡張子の上書きで消えてしまったり
一部のファイルが損壊、またHDDの不良ブロックが起こって直せないケースもあります。

しかし個人でユーティリティーからに作業がうまくいかなくても、より専門的サポートの
データ復旧サービスでしたら、高い復旧率で直してもらえる可能性が高いので
一度お問い合わせをしてファイルのサルベージの初期診断から受けてみられることもおすすめします。



『「消去した拡張子を直す」のカテゴリーの前後のページ』

«

»