MacBook AirのSSDの内部データを回復するには?

Apple製のノートパソコンであるMacBook Airに内蔵されたストレージの、
SSD(Solid State Drive)に保存してあったファイルやフォルダーが、削除のミスなどで消えてしまった際に、
ストレージの内部から失ったデータを復元するには、どのようにすればいい?という疑問について。

MacBook Airのノートパソコンのファイルを回復するには?

まず、MacBook Airのノートパソコン(laptop computer)は、小型のSSDである、
SATA(Serial Advanced Technology Attachment/シリアルアドバンスドテクノロジーアタッチメント)
のメモリディスクが使われていることが、デスクトップ機との違いになります。

基本的には、macOSのオペレーティングシステムでパソコンを操作します。

なので、ユーティリティウィンドウの『Time Machine』(タイムマシン)で自動バックアップを取るように、
あらかじめ設定しておいて、もしMacBookが壊れた時のために、復元用の予備データを備えておくことも大事です。

また、外付けHDDの接続も可能ですので、macOSのインストール用DVDを挿入して、
ユーティリティーの項目を開いて、「ディスクユーティリティ」を選択して、
バックアップディスクイメージを作成して、後に回復させるのに役立ちます。




SSDから削除したファイルをデータ復活ソフトで元に戻すには?

次に、AppleのMacBook Airの内部のデータを、外付けハードディスクやRAID、NASなどに保存するための、
SSDのバックアップファイルを作成する前に、間違った上書き保存や削除をした場合に回復する手法について。

まず、テキストエディットなどの機能であれば、保存した段階ごとの、
自動バックアップなどが備わっていますので、後から開き直せる見込みもあります。

また、Mac専用のデータ復元ソフトのデータレスキュー(Data Rescue)や、
ファイルサルベージなどを使って、復旧を試みることもできます。

※データ復元ソフトを内蔵のSSDに使用する際には、パソコンに直接インストールをせずに、
 DVDディスクやUSBメモリからのブート機能で、起動をされることを推奨します。

Time Machineやクラウドでバックアップしたデータから復旧する

また、「Time Machine」(タイムマシン)を有効にしていれば、
そちらの復元ポイントを見て、少し前の段階にコンピューターを復旧できます。

他にも、iCloud Drive(アイクラウド・ドライブ)を事前に設定していましたら、
そちらからバックアップされているデータを引き出して、復旧をすることもできます。

また、MacBook AirでSSDが読み込めない時に復旧する方法については、こちらのページにて。

※MacBook AirのSSD(ソリッドステートディスクドライブ)は、小型のメモリーカードの規格であるため、
 PC本体から記憶装置の取り外しをして読み込みするには、専用の外付けドライブが必要になります。

または、専門事業のデータリカバリーのサービスセンターで、取り出しを行ってもらうことができます。




外部のドライブ装置でディスクを読み込みするには?

次に、MacBook Airは世界で最も薄い形のノートパソコンと言われている製品で、
マシンの本体にはDVD・BDドライブが内蔵されていない仕様です。

そのため、データ復元ソフトウェアをmacOS(Mac OS X)で起動するためには、
外付けのオプションであるUSB MacBook Air SuperDriveの光学ドライブを接続して、
パッケージにあるディスクを読み込ませる必要があります。

ダウンロード版を購入された時には、オンラインから入手したプログラムで、
マックブック・エアーのパソコン上に、ユーティリティーを展開して、
消えたファイルの回復の作業を試みることができます。

SSDの内部から消えたファイルを復元してもらうには?

また、容量の大きな方の製品であるソリッドステートディスク(Solid State Disk)の、
内部に保存されている膨大なデータが、誤った初期化の操作などで全部削除されて読み込めなくなった時は、
特に一般の個人では、何割かの失ったファイルが復旧できない場合もあります。

SSDから消えた大量のファイルうちの大多数を、より確実に復元するには、
専門のデータ復旧サービスセンターで、拡張子の抽出によるサルベージの作業を行ってもらうこともおすすめします。