外付けメディアの削除ファイル復活に必要な費用は?

誤った操作ミスによる消去や上書き、フォーマットなどで消してしまったプログラムや
PCファイルを修復してもらうためには、持ち込み、または郵送受付や、
出張対応を実施されているデータ復旧サービスに注文する事で高確率で元に戻す事が可能です。

近年のテクノロジーは高い復元率を誇るだけでなく、
作業料金の低価格化(コスト削減)の方でも日々少しずつ進歩しいます。

NASのRAID

パソコンに搭載されている内蔵HDD・または外付けのハードディスクは
記憶媒体の中では特に費用が高めで、おおよそ3万~十数万円あたりが相場です。

iMacやMacBook、サーバ、RAID、TeraStation(テラステーション)、
LinkStation(リンクステーション)、その他のネットワークドライブなど
HDDが搭載されているハードウェアの回復は基本的にまだまだ最も料金が高くなり、
また物理的な損傷の場合はさらに金額がかかるようになります。





逆に、MO、DVD-R、CD-R、USBメモリ、SDカード、xDピクチャーカード、
コンパクトフラッシュ、マルチメディア―カード、といった他の記憶保存媒体は
1万円~十数万円くらいで、ハードディスクよりは値段が大きく下がります。

おおよそ2~3分の1くらいの修復費用です。

物理障害の時は機器そのものが壊れているためデーターの取り出しなどで料金がかさんでしまいがちです。

ですが、それ以外のエラー、システム的な要因でしたら1万~数万円くらいになりますので、
比較的お気軽にアドバイスや注文を依頼する事もできます。

なお、上書きやショートなどが起きてしまったら論理的・システム的に復活が
難しくなってしまうのでご注意ください。

大手のデータ復旧業者ではもちろんパソコンだけでなく、外付けHDDやRAID、サーバ、NAS
といった高価な機材で使われているハードディスクドライブからのデータの救出作業も受け付けてもらえます。



『「修復料金・価格」のカテゴリーの前後のページ』

«

»