データ復旧を業者で希望する際の保証サービスとは?

デスクトップパソコンやノートブックPC、また外付けHDDや携帯電話、SDカードやUSBメモリ、
といった電子機器から、大事なデータファイルを失ってしまった時のための、
データの復旧の作業を業者の方で希望する際に受けることができる、保証サービスとは?という疑問について。

データ復旧の保証を行ってもらえるサービスとは?

まず、パソコンの本体や外付けHDDといった周辺機器を製造・販売されているメーカーでは、
電子機器が故障してしまった時のための、修理のためのカスタマーサポートが実施されています。

それと併用で一部のメーカーでは、ストレージから間違えて削除してしまったファイルを、
後から復元してもらったり、故障した機器から内部のデータを取り出ししてもらえる、
データ復旧の措置を行ってもらえる、保証のサポートを実施されたサービスもあります。




購入元のメーカーにファイルを復活を希望できるサポートもある?

次に、一部のパソコンや周辺機器の購入元のメーカー先では、データの保険として、
保険料を支払う形と同じで、年額または月額で指定されている期間内であれば費用が掛からずに、
失ったデータファイルの復活を希望できる保証サービスに加入することができます。

例として、富士通 様での、データ復旧保証サービスの解説などを参考までに。

特に持ち運びの機会が多いノートパソコンや、USBメモリ、SDカードなどの補助記憶装置の場合は、
強打などで破損が起こりやすい機器でもあるため、大変心強いサポートになります。

保証期間が過ぎた後でHDDやSSDの検査を受けることはできる?

次に、メーカーでの加入の際に指定されていた保証期間(Warranty period)が過ぎた後でも、
有料でHDDやSSDの検査と、データ復旧の措置を受けることはできる?という疑問について。

まず基本的には、保証とは別にPC本体や外付けのハードディスク、RAIDケース、DVD-RWなどの、
データ復旧のサービスを実施されているかどうかによります。

また保証期間を過ぎた後で、再度の加入ができるサポートもあります。

一例として、デジタルデータソリューション株式会社 様での、
Digitaldata-warranty|データ復旧保証サービスなども参考になります。

独自のサービスが用意されていない時は、別の専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
マイクロソフト・オフィスのパワーポイントやエクセル、ワードなどで作成した個人用のファイルなど、
ストレージから失った、必要なデータの復活の措置をしてもらうこともできます。




RAIDやNASのハードディスクのデータ復旧はできる?

次に、たとえばBUFFALO製の外付けのハードディスクやRAIDケース、
またNASのTeraStationやLinkStationからデータを失ってしまった場合には、
製品の保証期間内であれば、軽度の論理障害から、費用が掛からずにデータを復旧してもらうことができます。

一方で、データ救出の保証サービスを実施されているストレージの製造メーカーは少なく、
またHDDの故障といった物理障害からの復旧を希望される時は、有償でのサービスでの注文になります。

または別の企業の、専門のデータ復旧サービスセンターで注文をされてみてください。

サービスの企業の紹介の例としまして、日本データ復旧協会 様での解説なども参考までに。

また、フロッピーディスクやスマートメディアといった古いストレージも、
まだ多くのデータ復旧のサービスで、失った内部のファイルの復活をしてもらうことができます。

スマートフォンの一部のデータのバックアップサービスとは?

またこれらとは別に、スマートフォンを購入して携帯電話会社と契約された際には、
一部のフォルダーにありますデータの、バックアップサービスを使用することができます。

こちらはインターネットへのアクセスを通して、オンライン上のストレージから、
いつでも予備のデータを引き出す形で、新しい機種などに復元することも可能です。

そのため、必ずしもケータイショップの店頭のカウンターまで、
修理した、または初期化したスマートフォンを所持して行く必要がない、便利な点もあります。

またモバイル端末もパソコンと同じく、専門事業のデータ復旧サービスで見てもらうことができます。

ほか、データ復旧代金の相場が各会社で違う理由については、こちらのページにて。

※iPhoneやiPadの場合は、ほかのモバイル端末と比べて、データのリカバリーが難しくなることもあります。

またSDメモリーカードは、ほとんどのデータ救出のサービスで請け負ってもらうことができます。

パソコンやストレージのファイルを復元してもらえる専門の業者とは?

次に、パソコンや外部のメモリーカードといったストレージから、
デバイスが読み込めなくなったり、誤った削除の操作で失ったファイルを復元してもらえる、
専門で運営をされていますデータ復旧に特化したサービスは、物理障害のトラブルなど、
多くの専門の技術で、データのサルベージの措置をしてもらえる業者になります。

また、デスクトップPCやノートパソコンのハードディスク・SSDで保存をされている、
ExcelやWord、PowerPointといったソフトウェアで作成したファイルを、
間違えて削除したり拡張子が破損した時にも、後からデータの修復を希望することができます。

PC本体やサーバ、外付けHDDやモバイル端末から失ったデータを救出してもらうサービスは、
現在パソコン修理のサポートと同じく、日本全国の各地にて多数の企業・事業者が参入されています。

また、システムのリカバリーやデータのバックアップのソフトウェアも、大変多く発売されています。

ネットワークによる通信の手段が発展している最近では、
インターネットからの申し込みができるサポートによって、メール・電話から機器の状態を伝えての依頼を経て、
データレスキューサービスへの機材の郵送により、復旧の作業を行ってもらう方法も普及しています。