Googleフォトで写真や動画のデータをバックアップして復元

スマートフォンやタブレット端末で撮影した写真画像や動画のファイル、
またはパソコンや外付けハードディスク、RAIDなどの場所に保存してある画像ファイルを、
「Googleフォト」(グーグル・フォト)のクラウドストレージのサービスを使用して
バックアップをして、後でデータを失った時に復元する方法とは?という疑問について。

Googleフォトのアイコン

まず、グーグル社から提供されています「Googleフォト」のサービスは、
Googleのアカウントをメールアドレスから登録して取得をして、すぐに使用ができます。

Googleから開発されていますオペレーティングシステムの「Android」(アンドロイド)が
導入されているXperiaやAQUOSといったスマートフォンやタブレット端末であれば、
「アプリ」→「Google」→「フォト」とメニューを開き、Googleフォトのアプリから
管理画面に入れます。




ライブラリの画面からの設定と管理

スマートフォンやタブレット端末のフォルダー上に保存されている写真や動画のファイルを
自動でGoogleフォトのディレクトリ上にバックアップするには、まず最初の
ライブラリの画面の左上にある「写真を検索」の左横の三本線のマークをタップします。

ギアのマークが付いた「設定」をタップして、次に「バックアップと同期」を選択します。

バックアップと同期

次の画面の「バックアップと同期」の文字の右にあるアイコンをタップすると、
バックアップ設定が有効になって、最初の画面に「バックアップしています」と表示されます。

Googleフォトへのバックアップ中

自動バックアップの設定を取り消す場合は、もう一度「バックアップと同期」の項目で
同じアイコンをタップすると、自動設定がオフになります。

パソコンのブラウザ画面からのデータの引き出し

パソコンのウェブブラウザからGoogleフォトの管理画面に入ってファイルを確認したり、
引き出して復元する時には、まずGoogleのサイトのトップページを開いて、ログインします。

画面右上のダイヤルマークの「Googleアプリ」を開いて、フォトのマークを選択します。

最初の画面に写真画像や動画ファイルの一覧がサムネイルで表示されます。

日付の部分か画像の部分にマウスカーソルを当てると、チェックマークが表示されますので、
個別に選択する際には画像にあるマークを、一括で選択する際には日付のマークを選択します。

画像の選択をした状態で画面右上の縦の「…」マークを押して「ダウンロード」を押すか、
「Shift+Dキー」を入力すると、「開く」「保存」「キャンセル」のメニューが表示されます。

ファイルの保存

ここから「保存」または「名前を付けて保存」を選択すると、パソコン上、または
外付けハードディスクやRAID、DVD-Rといった場所にデータをバックアップできます。

ここから、いつでも写真画像や動画のデータを引き出す形で復元することができます。

パソコンの写真ファイルなどのデータをGoogleフォトのディレクトリ上に保存するには、
「アップロード」→「パソコン」で表示される、フォルダーからのファイル選択のバルーンで
データを選択して、「開く」を押すと、Googleフォトのライブラリにバックアップできます。

また、Googleフォトにも「ゴミ箱」の機能があり、間違えて管理画面上からファイルを
削除しても、一旦ゴミ箱に入るので、60日間は削除したデータが保存されます。

復元する時には、画面左上の三本線マークをクリックして、「ゴミ箱」を選択します。

ゴミ箱からの画像データの復元

必要な画像ファイルを選択して、画面右上の「復元」を押して、
「アイテムをライブラリに復元しますか?」のバルーンで「復元」を選択すると、
元のライブライリの位置に戻ります。

もしGoogleフォトへのバックアップ設定を行う前に削除してしまったファイルがあった時や、
写真画像や動画以外の保存の対象でないデータが消えてしまい復元をしたい、という際には、
お使いのスマートフォンやタブレット端末、またはハードディスクやメモリーカードを、
プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、診てもらわれることをお薦めします。



『「ごみ箱の削除後の復元」のカテゴリーの前後のページ』

«

»