ゴミ箱の容量が埋まって消えたデータは復元できる?

ローカルディスク(内蔵のHDDやSSD)に保存してある、不要になったファイルを右クリックなどで削除すると、
すぐには消去されずに、まずはゴミ箱(Recycle Bin)の専用フォルダーに移動して、こちらでデータが保管されます。

なので、間違えて必要なデータまで一緒に削除してしまっても、
『ごみ箱を空にする』の操作をしなければ、いつでもファイルを引き出して復旧することが可能です。

しかし、ごみ箱にも無限にファイルが収納できるわけではなく、一定の量の容量制限に達して入りきらなくなると、
保管の古い分から順にデータが自動的に消去されて、消えていく仕組みになります。

ゴミ箱の容量が埋まると古いファイルから順に消去される?

まず、例えばパソコンに搭載された内蔵のハードディスクドライブやSSDは、
デフォルトの状態ですべての容量のうち、10%がゴミ箱の領域に使われています。

1TB(テラバイト)のHDDでしたら、約100GB(ギガバイト)のデータを、ごみ箱に保存することが可能です。

これだけあれば、余程プログラムやファイルの入れ替わりが激しい使用でなければ、
かなり長い期間は何もせずとも、ゴミ箱(Recycle Bin)にデータを収納できることでしょう。

しかし、いつかごみ箱の最大容量の設定を越えてしまったら、いつの間にか前のファイルが消えてしまった、
というハプニングに見舞われる可能性もありますので、データの管理にはご注意ください。




間違えて削除したデータを後からでも復元できる?

次に、ディスククリーンアップなどでうっかりゴミ箱の中身を全部消してしまった場合に、復元をする手法について。

まず、必要なファイルが消えてしまってから直後の段階でしたら、
たとえばソースネクストの救出ファイル復元といったデータ復元ソフトを使用して、
消えた拡張子の修復をツールから試みることができます。

または、プロのデータ復旧サービスにて、ファイルを元に戻してもらうことも可能です。

拡張子が削除されてから時間が経つ前に復旧する必要とは?

しかし、ごみ箱のフォルダーに設定されている空き容量がいっぱいになり、
自動的に削除されてからしばらく経った後のデータファイルは直すのが、難しくなっていきます。

また、数年以上の間、パソコン本体、または内蔵や外付けで配置されたハードディスクやSSDを、
一度も通電せずに使用していなかったら、電子抜けが起こってファイルが消えてしまう可能性もあります。

そのため、失った後から拡張子のデータを復元する際には、なるべく早めに行われることを推奨します。

また、HDDの空き容量がなくなり障害が起きた時に復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

大きなサイズのデータがゴミ箱に入りきらない場合とは?

次に、数GB~数十GB以上と、ごみ箱の領域を上回るほど特大の容量のデータはフォルダーに入りきらないため、
一時的にファイルが保管されず、すぐに消去されますのでお気をつけください。

空き容量がすべて埋まって順番にデータが消えていく前に、時々HDDやSSDのごみ箱のディレクトリを開いて、
中に入っているファイルを一通りチェックして、もう使わないかどうか見直しをされてみると良いでしょう。

もしすでに拡張子が消えていて、ファイルを復元する際には、なるべくそれ以上はパソコンを起動せずに、
新しいデータの上書き保存を控えるようにしてください。

データ復旧サービスでリカバリーを行ってもらう

ゴミ箱のフォルダーにあった拡張子は、パソコンを起動するたびに徐々に、
Cドライブ=プライマリパーティションこと、ローカルディスク(C:)の領域が、
オペレーティングシステムやアプリケーションソフトウェアの更新などで、常に書き換わます。

そのため、古いデータの痕跡も上書きされて、消えやすくなっていきます。

なので、なるべく早めにプロのデータ復旧サービスセンターの方に依頼をして、
パソコンのハードディスクドライブやSSDの状態を見てもらい、リカバリーをしてもらうことをおすすめします。