外付けHDDの接続で「場所が利用できません」と出た時は?

外付けハードディスクドライブ(external hard drives)のケースをUSBケーブルから
Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンに接続した時、エラーメッセージの

「場所が利用できません 文字:¥は利用できません。このPC上の場所を指している場合は、
デバイスやドライブが接続されているか、またはディスクが挿入されているかを確認してから、やり直してください。」

といったバルーンが出てしまいファイルやフォルダーの読み込みができない時には、
どのようにすれば認識ができる?という際に、ストレージへのデータのアクセスを復旧をする方法について。

正常にハードディスクが差し込みできているかどうかを確認

まず、ハードディスクのインターフェースや外付けケースのコントローラの接続部分に、
小さなゴミや埃が、差込口に詰まっていないかを確かめます。

そして、もう一度コネクタを差し込み直してからパソコンと外付けハードディスクの電源を付けて、
USBポートに接続して、「場所が利用できません」とメッセージが表示されず
正常にデータが開けるかどうかを、試されてみてください。

ハードディスク本体の、コントローラ―ボードに付いているインターフェースのコネクタの
ピンが折れてしまったり錆び付いていた場合は、プロのデータ復旧サポート会社に問い合わせて、
HDDから必要なデータを救出してもらわれるのが、より確実な方法になります。

USBコネクタの接続の状態をチェックするには?

次に、Windowsパソコン本体のケースにあります
USB(ユニバーサル・シリアル・バス/Universal Serial Bus)コネクタに
外付けHDDケースのケーブルが正常に差し込まれているかどうかを確認します。

パソコンと外付けHDDケースともに、型番や使用できる動作環境とのスペックも確認します。

PC本体とHDDケースのどちらかが古い規格であると正常に開かない可能性があります。

USB2.0用のポートにUSB3.0のコネクタ(connector)を差し込む場合は互換性があり、
転送速度がUSB2.0の速度であることだけで、接続自体は大丈夫です。

ですが、間違えて他の特殊なコネクタに中途半端に差し込まれていたりしないかご確認ください。

ほか、誤ってUSBケーブルを別の機材のものと入れ替わって、
付け間違えが出ていないかどうかをチェックされてみてください。

USBポートの差込口を変えて繋げ直してみる

USBハブを通してコンピューターに接続している場合は、
別のコネクタに付け替えてみるか、パソコンのUSBポートへ直接差し込みます。

USBハブやカードリーダーやUSBケーブルが古い製品である場合だと、
正常にデバイスが認識できずに「場所が利用できません」とエラー画面が出たり、
ボリュームのアイコンが非表示のままである場合もあります。

ハードディスクをカートリッジから交換した直後で「場所が利用できません」といった
表示が出た場合は、ケースに内蔵されているコントローラーボードのインターフェースに
正常に差し込まれていて、蓋もしっかりと閉まって固定されているかを確認します。

ポータブルハードディスクのように小型の2.5インチサイズで、
交換が簡単にできない構造の製品でHDDを換装する場合は、パーツの組み立て直しに特に注意する必要があります。

RAIDケースやNASが読み出しできない時に復旧するには?

またRAIDケースの場合は、すべてのハードディスクがしっかりとドライブベイに
差し込まれていなければRAIDのディスクアレイが崩壊したり、
コントローラーボードが故障するおそれがあるため、リビルドの時にはご注意ください。

NAS(ネットワークアタッチストレージ)の共有フォルダーが開けない場合は、
無線LANルーターなどでネットワークにしっかりと接続されているかどうかを確認します。

「場所が利用できません」と出てから、また別のパソコンにもつなげてみても
同じようになった場合は、外付けHDDケースやUSBケーブルが壊れている可能性があります。

その場合には、新品の外付けハードディスクケースを購入してHDDを交換するか、
またはデスクトップパソコンの場合は本体に増設する方法もあります。

壊れたHDDをデータ復旧サービスで見てもらう

ですが、ハードディスク自体から普段と大きく違う異音が鳴っている、
などの状態が出て故障している場合は、一般個人ではデータを開くのが難しくなります。

なので通電を止めて、それ以上の対象の外付けハードディスクの製品の使用は一旦控えます。

その際には、外付けHDDケースを、物理障害に対応された専門のデータ復旧サービスに
提出して、状態を見てもらい、内部ファイルを救出してもらわれることをおすすめします。