外付けHDDケースを分解してディスクを取り出してデータを救出

外付けのハードディスクケースをパソコンをはじめとしたコンピューターにUSBコネクタを通した外部接続をして,
日々データの保存にお使いの際、外付けHDDのケース(カートリッジ)が故障したようで動かなくなった時、
自分でケースを分解してHDDを取り出してデータ救出をすることはできる?という疑問について。

外付けハードディスクの製品の一例

・BUFFALO:USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N
・BUFFALO:ミニステーション ターボPC USB3.0ポータブルHDD 1TB HD-PLF1.0U3-BB
・WD:HDD ポータブルハードディスク 2TB WD Elements Portable WDBU6Y0020BBK-WESN
・I-O DATA:HDD ポータブルハードディスク 500GB USB3.0 HDPE-UT500
・Seagate:HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0 Backup Plus Slim 1K9AA4
・Transcend:USB3.0/2.0 3.5インチ 外付HDD 8TB TS8TSJ35T3
・エレコム:USB3.0対応 外付けハードディスク 1.0TB ELD-XED010UBK
・東芝:2.5インチ USB3.0外付け HDD (1.0TB)
・シリコンパワー:2.5インチ ポータブルHDD 1TB USB3.0対応 IPX4 SP010TBPHDA60S3K
・LaCie:HDD 3TB USB3.0 FireWire800 eSata Mac対応 d2Quadra LCH-D2Q030Q3

外付けHDDのケース部分が故障したら?

まず、外付けHDDケースに内蔵されたハードディスク自体が無事であれば、カートリッジの電源が付かなくなったり、
ランプが点灯しなくなりパソコンなどで読み込みができなくなった場合、まだ一般個人でも、
ケースを分解して中身のハードディスクを取り出しして、別のケースやアダプターに差し替えたり、
デスクトップパソコンのドライブベイに一時的に増設して、データを読み込み直す形で救出できる見込みはあります。

その際のいくつかの注意点としまして、ハードディスク自体まで個人で分解すると精密機器の中に
外気の湿気やホコリ、ゴミが混入して故障してしまうため、あくまで外側のカートリッジのみ分解して取り外します。

なるべく安全にHDDの必要なファイルをサルベージしたい、という際には、専門業者のデータ復旧サービスセンターに
問い合わせて、状態を見てもらい、分解と回収の作業を行ってもらわれることが最も確実な方法になります。

ファイルシステムの違いでデータが開けない時は?

ほか、RAIDケースやNASの場合、複数のHDDが搭載されており、多重化させて使っている場合、
一台だけ抜き出してもパソコンの通常機能だけでは「XFSフォーマット」の形式など、
ファイルシステムやコンピューターの違いなどで、ハードディスクに保存されているデータが読み込みできない場合もあります。

ファイルシステムのフォーマットが異なる場合は、そちらの読み込みに対応されている
電子機器、またはユーティリティーを使用して開く必要があります。

また、製品を購入してから日が浅く間もない時は、長期期間保証サービスに加入されていると、
メーカー先のサポートによっては、一度個人でパーツを分解すると保証が効かなくなる可能性があることにご留意ください。

カートリッジからのHDDの取り外しをするには?

外付けHDDケースは、最初からハードディスク本体と別売で簡単に取り外しができるようになっている製品でしたら、
蓋を開けてHDDを抜き出すことで、分解をせずにすぐに取り出しができます。

最初から製品の中にハードディスクが組み込まれている製品の場合は、
カートリッジ外部の固定ネジをドライバーで外して、ケースを分解する作業をします。

その際、電源ボタンやコントローラーボードの配置を忘れないように、写真を撮ったりメモを取って控えを作っておきます。

分解作業の際に、コントローラーボードといったデリケートなパーツを割ったり、
一部が欠けてしまわないように丁寧かつ慎重に行います。

ポータブル・ハードディスクのケースを分解するには?

ポータブル・ハードディスクの場合は、最初にゴム製の保護ケースなどを取り外します。

最終的に部品がバラバラになる製品が多いため、どの部分がどの部分と
くっついて配置されているかを、分解の際にしっかりと覚えておくか、メモをしておきます。

また、ハードディスクのインターフェースとそこに接続しているUSBポートを
折ってしまわないように、この点に最も注意をしてください。

パソコンに接続して内部のデータを復旧するには?

ハードディスクを取り外したら、デスクトップパソコンの空いたドライブベイに
電源ケーブルの中間コネクタと予備のSATA/IDEケーブルなどをつなげて接続します。

※SATAハードディスクをIDE方式対応の古いパソコンに増設でつなげる際には、
 SATA⇔IDEの変換アダプターが必要になります。

最初の一回目の起動ではBIOSまたはデバイスマネージャーなどで正常に
認識できない場合があるので、その際にはもう一度、PCを起動し直します。

または別売の外付けハードディスクケースかUSB変換ユニット/アダプターを購入します。

そちらに差し込みしてUSBケーブルを通してリムーバブルディスクとしてパソコンで読み込みして、
WindowsのエクスプローラーやmacOSないしMac OS XのFinderからバックアップを取ることで、データを復旧させます。

修理に出す前のファイルのバックアップとは?

必要なデータのバックアップが終わりましたら、一度ハードディスクを取り外して、分解したケースに手順を逆になぞる形で収納し直して、
製造メーカーのカスタマーサポートの修理サービスに提出して直してもらいます。

その際、ハードディスクに保存していたデータは削除されますので、必ず事前にバックアップを取っておきます。

あるいはそのまま増設した状態で、または別のHDDケースで使い続けます。

自身では外付けHDDケースの分解作業が難しそう、またハードディスク自体が壊れていた、
という場合には、やはりプロのデータリカバリーサービスの方に注文をして、
保存したファイルの救出作業を行ってもらわれることを推奨します。