ウェブスペース上のデータログが消えた時の直し方は?

ウェブサイトを運営するための、レンタルサーバ(Rental Server)やブログといった、
サイバースペース(Cyberspace)で保存してあるログデータが、何かのトラブルで消えていた場合に、
後でアカウントの状態を直したり、失ったファイルの拡張子を復旧するにはどうすればいい?という疑問について。

ウェブスペースにあるデータのログを失うトラブルとは?

インターネット(INTERNET)上ではご存知、ホームページやブログなど、
レンタル型のWEBスペースにある、ファイルマネージャーを提供するホスティングサーバの、
プロバイダサービスを、アカウントを取って好きなサービスに登録して使用することが出来ます。

他にも掲示板やメールフォーム、アクセスカウンター、ウィキ(wiki)といった、
様々なウェブスペースを作成して、インターネット上に公開することが可能です。

これらのウェブページを作って拡張したり更新を行うには、
ログファイルの置き場(データログのスペース)にアップロードしたり、
テキストの書き込みを行い、投稿での送信をすることで実行できます。

しかしこのデータログ(Datalog)は、ネットワークを通して接続しているウェブレンタルスペース上に存在します。

なので、自分のパソコン内部で管理されているハードディスクドライブの方にある、というわけではありません。

そのため、運営側の方でいつ、サーバログが何らかのシステム障害で壊れたり、消えてしまうと、
今までに更新したログのデータがなくなってしまいます。

ホスティングサーバからのエクスポートの機能とは?

誤って書き込みページやアップロードファイルを削除したり、FTP(File Transfer Protocol)のツールで、
うっかり上書き送信してしまうと、それらのデータは失われてしまいます。

インターネット上の領域は通常、データの復元ソフトウェアでは直すことが出来ません。

これらのトラブルで失ったログについては、また別の直し方を使う必要があります。

まず、事前に準備をしなければ行えない復元の仕方なのですが、ホスティングサーバのレンタルサービスに、
「エクスポート」(export)の機能がある場合は、そちらから全てのログファイルをご自身のパソコン、
または外付けのHDDやRAID、テラステーション、リンクステーション、LANDISKなどのNASにデータをバックアップします。

例えばブログの場合でしたら、Terapadやサクラエディタ、MT Log Reader、メモ帳などのテキストエディタで、
開ける文章のファイルを取っておきます。

そしていざという時に、インポート(import)やアップロード、FTP送信(ファイル転送プロトコル)で、
ウェブスペース上に送って復旧する方法が、大変頼りになります。

また、ワープロソフトなどでの書式設定(formatting)が正しいかどうかもご確認ください。

ソースの表示からのコピーペーストをしてデータを復旧

一括でのエクスポートができない場合は、『ソースの表示』からすべての選択→コピーをして、
ホームページ作成ソフトウェアやノートパッドなどに貼り付けをします。

そして、全部のログデータを一つずつコピーして保存します。

画像や動画、HTMLのファイルでしたら、すでにパソコンに入っている場合も多いことでしょう。

もしファイルマネージャーの一覧から消えた時は、ウェブスペース管理サービスのダウンが復旧した後にでも、
もう一度アップロードをし直してみてください。

ディレクトリサーバーと内部ファイルが壊れた時の復旧をする方法については、こちらのページにて。

白抜き文字のテキストが見えなくなる表記のミス

また、文字装飾機能の白抜き文字(Outline Type Font)などが設定されたデータのテキストが、
同色またはそれに近い背景と、気づかずに重なって視覚的に埋もれて見えにくくなっていたり、
HTMLソースの記述のミスでタグの中に隠れて、ページの表示上では見えなくなってしまうこともあります。

また、HTMLやCSSのチェックツールを使用すると、表記のミスを発見しやすくなります。

ページ上でテキストをすべて選択して、色を反転させると、問題のある箇所が見つかることもあります。

データログのバックアップの定期的な更新

一方で、バックアップなどの予備のデータがどこにもないと、完全にファイルが喪失してしまい、
もう一度以前の状態を思い出しながら最初から作り直すしか、元に戻す方法がありません。

なので、ログファイルの更新による保存は時々行って、
いざという時のためのデータのバックアップも忘れないようにしてください。

また、インターネット上にデータをアップロードできるストレージサービス(storage service)の方へ、
以前にファイルを送信していたり、自動保存の設定をしていましたら、そちらを開いてください。

また、一部のウェブサービスでは、自動的な更新バックアップの機能も提供されています。

ご自身で運営されているホスティングサーバーの場合でしたら、故障したマシンや記憶装置を、
データ復旧サービスセンターの方に出して、中身のデーターを抽出してもらう直し方を取ることもできます。