ウェブスペース上のデータログが消えた時の直し方は?

インターネット(INTERNET)上ではご存知、ホームページやブログなど、
レンタル型WEBスペース・ファイルマネージャを提供するホスティングサーバの
プロバイダサービスを、アカウントを取り、好きなサービスに登録して使用する事が出来ます。

他にも掲示板やメールフォーム、アクセスカウンター、ウィキ(wiki)、ニブログといった
様々なウェブスペースを作成して、インターネット上に公開することが可能です。

これらのウェブページを作って拡張したり更新を行うには、
ログファイルの置き場(データログのスペース)にアップロードしたり、
テキストの書き込みを行い投稿送信をする事で実行できます。

しかしこのデータログ【Datalog】は、ネットワークを通して接続している
ウェブレンタルスペース上に存在し、自分のパソコン内部で管理されている
ハードディスクドライブの方にある、というわけではありません。

そのため、運営側の方でいつ、サーバログが何らかのシステム障害で壊れたり
消えてしまうと、今までに更新したログが無くなってしまいます。

また誤って書き込みページやアップロードファイルを削除したり、
FTP【File Transfer Protocol -ファイル転送プロトコル】のツールで
うっかり上書き送信してしまうと、かののデータは無くなってしまいます。

インターネット上の領域はデータの復元ソフトウェアでは直す事が通常、出来ません。

これらのトラブルで失ったログについてはまた別の直し方を使う必要があります。

ホスティングサーバからのエクスポート

まず、事前に準備をしなければ行えない復元の仕方なのですが、
ホスティングサーバのレンタルサービスにエクスポート機能がある場合は
そちらから全てのログファイルをご自身のパソコン、または外付けのHDDやRAID、
テラステーション、リンクステーション、ランディスクなどのNASにデータをバックアップします。

例えばブログの場合でしたらTerapadやサクラエディタ、MT Log Reader、メモ帳
などのテキストエディタで開ける文章ファイルを取っておき、いざという時に
インポートやアップロード、FTP送信でウェブスペース上に送り直る方法が大変頼りになります。




ソースの表示からのコピーペースト

一括でのエクスポートができない場合は、『ソースの表示』からすべての選択→コピーをして、
ホームページ作成ソフトウェアやノートパッド等に貼り付け、全部のログを一つずつコピーして保存します。

画像や動画、HTMLのファイルでしたらすでにパソコンに入っている場合も多いことでしょう。

もしファイルマネージャの一覧から消えた時は、ウェブスペース管理サービスの
ダウンが復旧した後にでも、もう一度アップロードをし直してみてください。

しかし、バックアップなどの予備のデータがどこにも無いと、完全に喪失してしまい、
もう一度、思い出しながら最初から作り直すしか元に戻す方法がありません。

なので、ログファイルの更新保存は時々行って、
いざという時のためのバックアップも忘れないようにしてください。

ご自身で運営されているホスティングサーバーの場合でしたら、故障したマシンや記憶装置を
データ復旧サービスセンターの方に出して中身のデーターを抽出してもらう直し方を取る事もできます。



『「データベースの修復」のカテゴリーの前後のページ』

«

»