Microsoft Officeの自動ファイル回復機能とは?

Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)のアプリケーションソフトの機能の多くには、テキストや計算書、
画像などのコンテンツ作成中に急にパソコンやソフトウェアが止まったりして上書き保存の前に
入力したデータが消えた時のために、自動的なファイルの回復機能が備わっています。

Microsoft Officeのエディション

まず、『Microsoft Office System』や『Microsoft Office Professional』には、
以下のような種類のエディションがあります。

・Personal/Basic (パーソナル・べーシック)
・Standard (スタンダード)
・Enterprise (エンタープライズ)
・Ultimate (アルティメット)
・Professional (プロフェッショナル)
・Small Business (スモールビジネス)
・Home and Student (ホームアンドスチューデント)
・Professional Plus (プロフェッショナルプラス)
・Personal with PowerPoint (パーソナルウイズパワーポイント)

ExcelやWordのデータの自動回復の保存機能とは?

そして各エディションによってそれぞれ以下のソフトウェアの機能が使用できます。

このうち例えば、ExcelやWordで、よく上書き保存前に入力した文字が消えて
全滅してしまった、という手痛い経験を被ってしまわれた事とのある方も多いかと思われます。

その後、次回にアプリケーションを開いてみると前回の作成データを
保存機能のおかげで再び開くことができる、損失の回避の例もまたよくあります。

また、誤って拡張子ごとゴミ箱からも消去していた、といった場合は、
プロのデータ復旧サービスにハードディスクやSSDを提出して、
検査とスキャンによって高い復旧率でファイルを復元してもらうこともできます。

マイクロソフトオフィスの自動保存の設定変更

マイクロソフトオフィスのアプリケーションを開いてから上部メニューの『ツール』⇒『オプション』
⇒『自動保存』タブで、何分間隔で自動保存を行うか、またはどこのフォルダに書き込むか、
といった詳細設定を行えます。

自動バックアップの分は、次に上書き保存をした時や、一度ソフトを開いてからまた閉じた時に
消えてしまいますので一回データを復活できたら、すぐに安全なフォルダ場所に保存を行いましょう。

マイクロソフトオフィスで削除したファイルを復元するには?という疑問については、こちらのページにて。

大量に入力した文字や数字、画像のファイルであるほど、消えてしまった時の
損失も大きいため、自動バックアップの修復機能はとても重宝できます。

ソフトウェアをインストールし直してみる

また、ソフトウェアの機能がおかしくなってしまった時はヘルプのメニューから
アプリケーションの自動修復』を選択して、開始ボタンを押して直すか、
一度アンインストールをしてから再びOffice CDを挿入してインストールを行ってみてください。

・Microsoftの製品の質問回答のフォーラム。

https://answers.microsoft.com/ja-jp

Microsoft Office systemの種類

Microsoft Office systemの種類には、Word(ワード)、Excel(エクセル)、
Outlook(アウトルック)、PowerPoint(パワーポイント)、OneNote(ワンノート)、
Access(アクセス)、Groove(グルーヴ)、Publisher(パブリッシャー)、
infoPath(インフォパス)、Communicator(コミュニケーター)といったものがあります。

また近年のOfficeには、SharePointWorkspace(シェアポイントワークスペース)、
BusinessContactManager(ビジネスコンタクトマネージャ)、
OfficeWebApps(オフィスウェブアップス)、ECM(エンタープライズコンテンツ管理)、
IRM(インフォメーションライツマネジメント)などの機能も追加されています。

他にもOffice7~10といった過去のエディションには、
Developer Tools(ディべロッパーツール)・FrontPage(フロントページ)・
PhotoDraw(フォトドロー)・Bookshelf(ブックシェルフ)などの機能もあります。

ですが、何かのミスやとらぶるで消えてしまったデータは、必ずしも自動バックアップの保存機能で
100%元に戻せるとは限りません。

場合によってもし開かなかった場合はそれ以上の操作はせず、
すぐに専門のデータ復旧サポート店のサービスの方をご利用されてみてください。