誤って削除したファイルの復元は簡単?

パソコンの操作上で最も多いデータの損失の原因の一つに、
誤ってファイルやフォルダを削除した、という人的ミスのパターンがあります。

うっかり必要だったファイルをごみ箱にまとめて移動していて、
後で「ごみ箱を空にする」や「ディスククリーンアップ」の動作で
まとめて消してしまう場合などがよくある事例のひとつです。

単に間違えてファイルを削除して、ごみ箱フォルダに移動してしまっただけなら
まだコピー&ペーストなどですぐに元のフォルダの位置に戻す事で消去前の状態に戻せます。
(ごく稀にそのアクションの影響で破損してしまうケースもあるのですが。)

しかしShift&Deleteキーで直接ファイルを消してしまったり、フォルダの総容量が
大きすぎて、ごみ箱の空き容量を越えて、移動されずに消えてしまう事もあります。
また、アンインストールしたソフトウェアのプログラムも
ゴミ箱には移動されずに直接パソコンのCドライブ上から無くなります。

このように、ファイルフォーマット(file format)を削除する時には、
本当に不要な部分であるかを確認してからデリートを実行するのが重要です。

しかし、それでも間違えて消してしまうミス操作は誰にでも起こりえますし、
ヒューマンエラー(人為的なトラブル)はどれだけ注意・防止対策をしていても
100%確実に不慮のトラブルを防げるとは言えません。

そのための予備として外付けDDやネットワーク対応ハードディスク、RAID、DVD-R、クラウド
といった外部の場所へのデータのバックアップにより、後から復旧できるように保存しておく、
という、簡単に出来る予防対策が存在します。





Windowsの「システムの復元」やMac OS Xの「シャドウコピー」で
一定期間おきにOSのコピーを取ったり、バックアップソフトウェア付きの
外付けハードディスクにドライブの中身を丸ごとバックアップすると安心です。

USBメモリやMOに手作業でもいいので、どこかに何かにバックアップがあれば
誰でも個人で簡単に復旧ができるのですが、もし予備データを1つも
取っていなかった場合は、パソコン上の現在の機能だけでは難しくなります。

その際には、誤って消してしまったデータの復元ソフトウェアをパソコンショップや
家電製品の店舗で購入するか、インターネットからインストールして入手できます。

データ復元ソフトをインストール・セットアップしてドライブやUSB機器、などの
対象のフォルダを、マニュアル操作に沿ってスキャンして、
誤って削除したファイルが検出できれば、大抵は簡単に復元に成功できます。

しかし、消去してから大分時間、日数が経って、内蔵ハードディスクに
だいぶ新しいデーターを書き込んでしまっていると、前の状態の痕跡が
破壊されていき、修復するのが困難になっていきますのでご注意ください。

ですがソフトウェアから元に戻せなかったファイルでも、専門のデータ復旧サービスセンターでしたら、
専門の設備から復元してもらえる見込みがありますので、専門業者の方に注文してみましょう。
誤削除のトラブルは論理障害に当たるので、修復費用もHDDの故障より安く済みます。



『「消去した拡張子を直す」のカテゴリーの前後のページ』

«

»