データベースが破損して消失した時に復旧するには?

データベース (Database-DB)とは、主にパソコン内やサーバー、データ保管媒体などに、
まとめて保存していつでも引き出せるように管理した、データの集合体です。

データベースには、事典、名簿、住所録、企業データ、過去ログ、リンク集、
登録カテゴリー、動画、音楽ファイル、画像ファイル、などがあります。

主に、インターネットや企業、自宅のパソコンなどさまざまな分野でデータベースが作成されて、日々活用されています。

これらのファイルをもし、何かのトラブルで失った時には、どうすれば復旧できる?という疑問について。

破損したフォルダーやファイルを復旧するには?

まず、パソコンの内部のハードディスクの保管先でしたら、「ファイル履歴」「回復ドライブ」などの、
OSに搭載されているリカバリーツールを使用されてみてください。

しかし、格納領域はネットワーク上にある場合など、例えばフィールド欄が、
サーバーのファイルマネージャーに保管しある場合などは、そのアカウントの作成者の方が、
提供元サービスの管理者または受付の方に問い合わせをして交渉と依頼を行う必要が出てくる時もあることでしょう。

復活プログラムが使用できない状態の場合は、やはり安全のためにも、
データリカバリーの専門業者に注文をされてみるのが確実な方法です。

「元に戻す」「やり直す」の操作でデータベースを復元

次に、Microsoft Access(マイクロソフト・アクセス)のように、データベースソフトには、
「元に戻す」(アンドゥ)や「やり直す」(リドゥ)といった動作を一個ずつ前の状態に戻したり進めて、
ミスをして削除した時に前のデータを復元する機能もあります。

また、Accessの「ファイル」のメニューの「除法」のタブにある、
「最適化と修復」の項目のように、データベース/ファイルに発生する問題のチェックと、
回復のための機能も備わっている管理用アプリケーションもあります。

インターネット上でプロバイダのサービスからレンタルしたデータベースのスペース上で、
必要なファイルを削除してしまった時には、もし「ゴミ箱」(削除済みファイル)のフォルダーが用意されていれば、
そちらに移動されていないかを確認されてみてください。

データベースソフトの修復機能で元に戻すには?

また、データベースにある大量の情報の処理を行う、
Microsoft Access(マイクロソフト・アクセス)やOracle(オラクル)、SQL Serverといった、
データベースソフト(database software)を使って作成・編集をされていた場合は、
それぞれのツールに搭載された、データの修復機能もチェックされてみてください。

ほか、SQL Serverのデータベースを復元するには?という疑問については、こちらのページにて。

管理用のアプリケーションソフトをインストールし直す

また、システムが破損して正常に動かない時には、管理用のアプリケーションソフトウェアの
初期化やインストールのし直しも行われてみてください。

※電子機器の修復方法に関する最新の記事の一覧も各ページに記載してあります。

データ復旧サービスセンターで見てもらう

また、ハードウェアの物理障害や論理障害などの影響で、突然サーバのシステムがダウンして、
その結果によって破損したフィールドのデータを復元・回収できる
「データ復旧センター」には、『データベース復旧サービス』という、
カラムに特化したリカバリーサービスが用意されているところも沢山あります。

故障したサーバー、パソコンなどデータベースファイルの格納庫から、
必要なデーターを引き出してコピー回収したり高い復旧率で再生できたりと、
いざという時に大変お役立ちのデータ復旧サービスが日本全国に数多くあります。