データ復旧の手続きと作業を手早く行ってもらうサポートとは?

大事なデジタルデータを急なアクシデントで失ってしまい、何とか修復をしたい、という際に、
専門業者のデータ復旧センターにて、消えたファイルの復元をしてもらいたいけど、
自宅または会社の所在地が、リカバリーサービスの営業所の住所から大分離れている時などでの、
手続きと作業を早い時間で行ってもらうサポートはある?という疑問について。

オンラインでのデータリカバリーの受付サポートとは?

まず、ご自宅や自社の住所が都市圏から大分離れていて、電車や自動車で数時間はかかる場合は、
時間や予算の都合でやはりなかなか遠くまで行けない、ということもありますよね。

そんな時のために、多くのデータリカバリーサービスでは、デスクトップパソコンやノートPC、
また外付けハードディスクや外部のRAID、NASといった機材の、宅配による送付の受け取りサービスと、
早い時間でできるオンライン経由での、データ修復の受付のサポートが実施されています。

ひとまずはデータリカバリーのサービスに、電話やメールにて相談窓口に問い合わせをします。

そして、喪失したデータが含まれていた補助記憶デバイスの種類や型番、
また破損の状態や状況の経過などを詳しく伝えて、アドバイザーの方に、
診断とファイルの復活の作業の、手続きのための相談をされてみることをおすすめします。




手続きや検査の作業を早い時間で行ってもらえる即日診断とは?

次に、データ復旧サービスに店舗への持ち込みで手続きや検査の作業をお願いする際に、
なるべく早い時間で行ってもらえる、即日診断というコースを用意されているところもあります。

まず、即日診断のサービスでは料金が少し割り増しになるかわりに、
特に混雑していなくてあまり複雑なものでなければ、当日すぐにデータ記憶装置の検査を行ってもらえます。

そしてそのまま、ファイルを誤った削除の操作で失った状態からの復元をしてもらったり、
読み込めないストレージから、内部のファイルを復旧してもらうことができます。

郵送で提出をされる場合でも、通常よりも手早く検査とサルベージの作業をしてもらうことができます。

また、データ復元のサービスに、遠距離から申し込みをされる際には、
宅配便の会社の配送・受付センターに持っていくか、トラックで自宅・自社に来てもらいます。

そして、宅配専用の段ボールに電子機器を封入してもらい、宛先までの送付の手続きを行います。

また、LIVEDATA 様の、初めてデータ復旧をご利用される方へ の解説なども参考になります。

日本全国の各地域での、専門のコンピューター関連のサービス会社によっては、
海外からの国際便での郵送も受け付けられており、また北海道や沖縄県をはじめ遠い地域でも、
たとえば東京都内の大手のデータ復旧サービスにて、郵送による提出で機材を見てもらうことも可能です。




出張訪問(オンサイト)のサービスを依頼することもできる?

次に、対応が可能な範囲は限定されているのですが、ある程度の距離まででしたら、
自宅・自社への出張訪問(オンサイト)による復旧サービスを実施されている会社も、数多くあります。

大きなデスクトップパソコンやサーバー、ワークステーションで、取り外しや持ち運びが、
大変な機材または組み合わせである場合は、ひとまず出張訪問の依頼でスタッフの方に来てもらい、
診断と、簡易的なデータ復元の作業をしてもらうことができます。

また、データ復旧の際の出張初期診断サービスについては、こちらのページにて。

ほか、機材が故障していなくて、パソコンへのデバイス接続は可能、かつインターネットの接続も可能、
という場合は、ExcelやWord、PowerPoint、Accessといったソフトウェアで作成していたファイルを、
誤って削除してしまった場合にデータの復旧をする際は、時間の大幅な短縮として、
オンラインリモートによるアクセスで、遠距離から直接、復元の作業を行ってもらえるサービスもあります。

そして郵送での機材の郵送の際にも、通常よりも早い時間で到着できる宅急便での申し込みをされることで、
データリカバリーサービスの宛先に、対象のデータ記憶装置の本体を短時間で提出して早く見てもらえます。




データ復旧サービスにストレージを郵送で提出する時は?

次に、郵送でデータ復旧サービスにストレージを提出する際には、事前にお電話か電子メールで、
機材の物理的な破損か、誤った消去や初期化といったシステム的なトラブルか、といった状況と、
対象の装置が、パソコンやHDD、SSD、ガラケーの携帯電話、スマートフォン、タブレット端末、レコーダー、
またSDメモリーカード、USBメモリ、DVD、NAS、サーバといったどの機器かの詳細を伝えての、依頼を出します。

そして、二次記憶装置の状態診断の受付の了承を得た後に、製品を購入した時のパッケージの箱か、
宅配便で用意してもらうダンボール箱に、同梱の発泡スチロールなどを合わせて収納します。

電子機器がだいぶ重いものである時は、自宅・自社にトラックで来ていただいて、
郵送をしてもらえるサービスを注文されてみるのも良いでしょう。

ファイルの復元の措置を早く行ってもらえる特急サービスとは?

次に、夜中に仕事で使うワードやエクセル、アクセスやパワーポイントなどで作成・編集した重要なファイルを、
うっかり破損させてしまったり、デジタルカメラで撮影した写真画像や動画のファイルを、
メモリーから間違えて削除やフォーマットをしてしまった時に、すぐに復元をしたい、という際について。

この場合は、24時間365日の対応がされているデータリカバリーのサービスもあります。

そして、パソコンのハードディスクドライブやSSD、SBメモリーやSDカード、外付けHDDから
ファイルが消えてしまったり、故障して必要な拡張子が保管されたまま開けなくなった状態から、
割増の料金で通常よりも早くデータ救出の作業を行ってもらえる、
特急のコースを実施されたデータ復旧サービスに注文をされてみると、いざという時に便利です。

大手のサービスは、システムエラーの論理障害や補助記憶装置の破損といった物理障害のそれぞれに対応されています。

例えば、特に遠方からの郵送での提出の場合には、配達の往復時間と通常コースのお預かり期間を含めて、
ある程度の時間がかかってしまうのですが、料金の割増による特急サービスが行われている会社に、
宅急便で送付をすることで、データの復旧までの時間を短縮してもらうこともできます。