削除ファイルを復元するのは簡単?

デスクトップパソコンやノートPC、USBメモリ、RAID、サーバ、NAS、SDカードなどコンピューター上に保存している
拡張子ファイルが何かのミスや事故で失ってしまう原因の中でも特に目立つのが、やはりデータの削除ミスですね。

ファイルを消去する時のアクシデントの例として、使う予定のファイルを間違えて消去したり、
USBメモリやDVD-RWをフォーマットしてしまったり、ごみ箱フォルダを空にしてしまったり、
Shift+Deleteキーで必要なデータまで抹消していたり、
OSを再インストールしてそれまでの記録が無くなった、といったケースがあります。

ですが近年では、失ったファイルフォーマットを保管していたデータ記録メディアに
まだ残されている痕跡から読み込みをして復元できる技術が大変普及しています。

拡張子のバックアップとサルベージの機能

まず、最近の発達したコンピューターはセキュリティやデータ保護の機能も充実していて、
自動更新でハードディスクドライブのバックアップを行う機能や、提携のクラウドサービス、
『システムの復元』『タイムマシン』など、デフォルトで搭載されている、
時間のポイントをさかのぼって状態を修復する機能などがインストールされています。

OSに最初から含まれているアプリケーションツールを探して使ってみるだけでも、
ゴミ箱フォルダからの回収をはじめ多くの削除ファイル関連のトラブルをわりと簡単に解決できます。

そして、専門のデータ復旧のサポートを実施されているパソコンサポート業者に
注文をされてみるのが最も確実性が高いです。

データリカバリーのアプリケーションで回復

次によく使用できるのが、『ファイナルデータ』 『完全データ復元PRO』『Superファイル復活』をはじめとする
データ復元のツールです。

これらはバックアップを使って復帰させるのではなく、記憶装置に残されている削除されたファイルの痕跡の情報を
スキャンして検知し、それを読み込んで元あった拡張子の形にする機能を持った便利な使い方ができます。

他の品質が低いものだと使える機能や救出できる領域が限られるのですが、パソコンショップなどで売っている
市販の高性能の製品なら、あらゆる状況に高い精度で対応が可能で、また日本語表記で操作手順も簡単です。

そして、専門のデータ復旧サービスセンターでは、最も信頼性の高い復旧率での削除ファイルの復元を行ってもらえます。

また、データ記録メディアのデータのレスキューに特化した専門サービスだけでなく
普通のパソコン修理・設定サポート店でも簡易的なトラブルの対応限定で
削除ファイル復元のサポートサービスが実施されています。

しかし、拡張子の痕跡は新しいファイルが上書きされるたびに本当の意味で削除されていき、対処が遅いと
元に戻せなくなっていくため、できるだけそのHDDなどは使わずに早いうちでの復元の措置が肝心です。

最も確実には、データの損失トラブルで消えたファイルを修復するには、
やはり専門業者のデータリカバリーサービスにて見てもらうことがおすすめです。