ファイルが消失した後にデータを復活しやすい保存の場所は?

コンピュータに保存して取り扱うデータの拡張子ファイルやフォルダは、
記録する際のファイル形式(File Format)にjpegやimg、csv、pdf、htmlなど
展開するアプリケーションの対応によって数多くの種類があります。

しかしどのファイル形式でも保存できる場所は、基本的にどこの記録装置にある
フォルダでも同じで、自由にコピーや「名前を付けて保存」が可能です。

ですが、コンピュータにOS(operating system)がインストールされている内蔵記憶ドライブの
ディレクトリの中に一緒に保存してあるデータと、OSの入っていない外部記録装置に保存してある
ファイルとでは、誤って削除したりフォーマットで消失した時に復活できる方法に大きな差があります。

また基本的には、プロのデータリカバリーサービスに復活の作業を行ってもらうのが、最も確実な方法です。




OSのデータ復旧機能

まず、「OS」という基本ソフトが組み込まれているコンピューター装置は
据置型のデスクトップパソコンやサーバーをはじめ、ノートパソコンをはじめとする
小型のコンピューターや、iMacなどの一体型パソコン、といった多くの機器があります。

こちらのシステムには大抵、何かしらのデータバックアップのアプリケーションが
組み込まれています。(それとは別に市販で専用のツールも販売されています。)

ほとんどのOSやメールソフトにある、削除ファイルを一時保管して後でまた使う時に消失したフォルダに元に戻して
復活できる「ごみ箱」をはじめ、Windowなら「システムの復元」、Macなら「TimeMachine」(タイムマシン)、
さらにインターネット上でなら「クラウドコンピューディング」に接続した外部サーバーの保管サービスへの自動バックアップ機能など。

これらの媒体にあるデータが操作ミスやシステムのエラーで消失したとしても、多くの場合はまだそれらのアプリケーションの
保持機能を使って、バックアップされた分から引き出して、無くしたデーターを復旧させることもできます。

ファイルを間違えて削除をした後の状態の確認

しかし、USBポートやDVDドライブなどを通して外部接続で読み込む媒体である、外付けハードディスクドライブ、
USBメモリ、microSDカード、MO、DVD-RAM、CD-RW、BD-RE、xDピクチャーカード、マルチメディアカード、
フロッピーディスク、マイクロドライブ、コンパクトフラッシュメモリーカード、スマートメディアなど、

記録装置に書き込みしているデータは通常、OSと切り離されているため、上記の「ごみ箱」や「システムの復元」や
「タイムマシン」のような機能で定期的に更新差分のバックアップを取っていく方法が使えなくなります。

なので、うっかりリムーバブルディスクのフォルダにあるファイルを消去すると
直接すぐに消去されて、ごみ箱などからすぐに読み込み直せないのでご注意下さい。

のバックアップされた分のデータ

常時コンピューターに接続しているメモリーカードなど一部例外はあります。

また「Bakファイル」が名前を付けての保存と同時に作られるソフトウェアなら
Bakファイルの方が残っていればそちらを開いて復元できます。

そのため、ふだんパソコンなどのコンピューターを使っている時は
リムーバブルディスクの方はバックアップと復元用に使っていくのがおすすめです。

そして、作成中のファイルを普通に保存する時は内蔵ディスクのパーティションの
CドライブやDドライブの内部の方が、急な消失トラブルの際に復活させやすいです。

重度の論理障害や物理障害が起きて内蔵HDDまたはSSD、リムーバブルディスクが
故障して読み込みできなくなったり、ファイル・フォルダーがどうしても開かなくなった場合は、
専門のデータ復旧サービス業者に注文をして、機器を診てもらうことをおすすめします。