デスクトップのデータが消えた時の復元方法

パソコンのMicrosoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)のオペレーティングシステムの、
デスクトップの画面から、いつの間にかショートカットアイコンや、ファイル・フォルダーの拡張子のアイコンが、
消えて開けなくなった時には、画面での表示がなくなったデータをどうすれば復旧できる?という疑問について。

Program Filesやダウンロードのフォルダーを検索

まず、パソコンは電源ボタンを押して起動してから、マザーボードのロゴ画面⇒OSのタイトルロゴ、と移り、
ユーザーアカウントの認証画面でパスを入力した後で、基本作業を始める「デスクトップの画面」(DESKTOP)と、
アイコンの一覧やタスクバーなどが表示されます。

これらは基本的に「ショートカットアイコン」という小さなデータなので、
ソフトウェアのアイコンの場合は、うっかり間違えて削除してもシステムに影響もなく、すぐに元に戻せます。

デスクトップ上から消えたショートカットアイコンを復元するには、
ゴミ箱フォルダを開いてそこに残っているか確認します。

マウスの右ボタンで「元に戻す」を選択すれば以前の位置に復帰します。

ゴミ箱にも残っていなくてすでに削除してしまったと思われる場合は、「PC」(マイコンピューター)にある
「Program Files」や「ダウンロード」といった、アプリケーションソフトのフォルダーの中、
または「すべてのプログラム」から同じマークのアイコンを検索して探してみます。

もし、どこにも必要なファイルがなかった場合には、すでに表示上では消えている場合が多いため、
それ以上は新しいデータの上書き保存による、以前の拡張子の痕跡が消えるのを避けるため、
一旦パソコンを閉じて、それ以上は起動しないようにします。

替えの効かない個人用のファイルを失ってしまった場合は、プロのデータリカバリーサービスに依頼をして、
PCのハードディスクまたはSSDから消えたファイルを復旧してもらわれることを推奨します。

消えたデータを復旧サービスで修復してもらう

データ復旧の措置を実施されているコンピューターのサポートセンターの一覧は、
当ウェブサイトでも、各ページにて紹介させて頂いています。

各都道府県にご在宅の、または通勤・通学の方でしたら、
データ復旧サービスセンターのチェックにぜひご活用ください。

各地域での、データ復旧のサポートに関する事業様の新規掲載も、随時受け付けています。

(※記事ページ内の紹介文に何か不都合のあられる事業様がおられましたら、
 または表記ミスや住所・電話番号の変更などがありましたら、
 大変お手数なのですがページ下の『掲示板・メールフォーム』にて、ご連絡を頂けると幸いです。)

パソコンのHDDやSSDから消去されたファイルは、論理障害というトラブルに対しての
リカバリーのサポートとして、復旧の作業を請け負ってもらえます。

デスクトップのアイコンの表示を復元するには?

次に、通常、デスクトップのスペースには、ウェブブラウザや電子メール、主要フォルダ、ゴミ箱といった、
主に使用していくデスク・アクセサリー(desk accessories)や、
新しくインストールしたアプリケーションソフトウェアのアイコンが配列されていきます。

デスクトップ上からアプリケーションソフトのアイコンが消えて、それらを復元させたい時は、
右クリックして「送る」⇒「デスクトップ」(ショートカットを作成)を選択することで、表示されます。

この方法で、以前と同じようにショートカットアイコンが画面上に復活します。

(列の配置場所が変わっていることがあります。)

デスクトップの表示が消えた時に復活させるには?という疑問についてさらに詳しくは、こちらのページにて。

別の場所にファイルが保存されている場合もある?

PCのデスクトップ上に表示されるデータはショートカットアイコンだけでなく、
普通の拡張子ファイルやフォルダーが置かれることもあります。

例えばCD/DVDディスクやインターネットから保存したファイルは、
「ドキュメント」「ピクチャ」「ミュージック」といった専用フォルダーに行かずに、
時にはユーザーフォルダーの「ライブラリ」とは別に用意された「デスクトップ」のフォルダーなど、
別の場所にデータが保存されていることもあります。

※特殊なフォルダーの配置場所は、内蔵ハードディスクまたはSSDの、ローカルディスク(C:)の
「ユーザー」⇒「ユーザー名」のフォルダー内にあります。

デスクトップのディレクトリにもデータが保管される?

また、インストールしたアプリケーションソフトウェアのプログラムが入ったフォルダーも、
ローカルディスク(C:)の「Program Files」のディレクトリに行かずに、
「デスクトップ」にフォルダーが保存されていることもあります。

※上の画像のうち、上側のフォルダーがショートカットアイコンで、
下側のフォルダーは「デスクトップ」のディレクトリの中に保存されたものです。

そのため時々、配置が混乱してしまうのを防ぐために定期的に、デスクトップのすべてのアイコンのデータを
整理整頓してみましょう。

そしてファイルやフォルダーは、「ライブラリ」や「Program Files」といったわかりやすいディレクトリ、
また外付けHDDやRAID、NAS、クラウドなどの場所に移動されておくことをお薦めします。

間違えて削除したフォルダーのデータを復旧するには?

ですが稀にフォルダーを移動すると、そこにあったファイルやツールが「アクセス不可」になることがあります。

そのため、その時には一度元の位置に戻して再度インストールをし直してみましょう。

もしも間違えてデスクトップ上にあったファイルやフォルダーを削除した時は、すぐにゴミ箱を見て、
まだ残っていれば、ショートカットと同じように「元に戻す」の操作で以前の位置に復元できます。

しかしごみ箱に残っていなくてPC上から表示が消えてしまい、バックアップも取っていなかった、という際には、
(Windows7以前のOSの場合)、まだあまり時間が経っていなければ、
コントロールパネルの「システムの復元」を起動して、少し前のパソコンの状態に戻してみましょう。

またはPCショップやインターネットで購入・インストールできる、
「データ復元機能のアプリケーションソフト」をセットアップして、
デスクトップのフォルダーをスキャンして復旧できる見込みもあります。

ですが大事なファイルやフォルダーのため、できるだけ確実に修復したい、という時には、上記の通り、
プロのデータ復旧サービスセンターで頼んで、持ち込みか郵送、出張サポートで、
パソコンのHDDやSSDの状態を診断してもらい、論理障害からの復元作業を行ってもらわれることを推奨します。