デバイスドライバの動作エラーを修復するには?

プリンターや外付けの記憶装置、キーボード、マウス、スピーカー、ペンタブレットなど
パソコンには様々な周辺機器をUSBポートなどを通して接続して使用することができます。

普通のマウスやキーボードなど付属のソフトウェアが付いていないシンプルな機材なら
専用のアプリケーションのインストールなども特に必要なく、
コネクタに接続すればすぐにデバイスに認識されて使えるようになります。

デバイスドライバが正しくインストールされていない

しかし複合機やペンタブレット、デジタルカメラ、スマートフォンなど複雑な機能の
周辺機器の場合、対応したソフトウェア『デバイスドライバ』をインストールしなければ
正常なデバイス認識ができない物もあります。

アプリケーションソフトが同梱されている機材は特に、購入した最初の時に
しっかりと取扱説明書をよく読んで、正しい手順に沿って修復の作業を行っていきましょう。

しかし稀に、デバイスドライバのプログラムが正常に機能せずに、
パソコンに繋げた周辺機器がしっかりと使えない動作エラーが出ることもあります。

その理由の一つとして、だいぶ前に購入した周辺機器のため、デバイスドライバが
例えばWindows XP向けに作られているために、Windows7や8、10などの最新のOSに対して
対応できていないケースなどが考えられます。

この不具合を解消するには、一度手動で最新のデバイスドライバに更新する必要があります。

最新の状態にアップデート

Windows7、8、10の場合、まず[スタート]から[コントロールパネル]に進んで[デバイスマネージャー]を開きます。

デバイスの一覧が表示されますので、その中で該当する周辺機器の項目に
黄色いアイコンのマークが出てエラーのような表示になっている箇所があったら、
その項目をダブルクリックして『プロパティ画面』を開きます。

[全般]のタブから[ドライバー]のタブに移ると、その製品の名称やメーカー、
バージョン、日付などの内容が表示されます。

インターネットなどでそのメーカー製品の最新版をチェックして、バージョンといった部分が
最新の状態でなかったら、インターネットに接続した状態で『ドライバーの更新』を押します。

次の画面で【ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索します】を選んで[OK]を押します。

アップデートが正常に完了したら、一度周辺機器を使ってみてください。

デバイスを削除して再度インストールしてみる

それでもまだ動作エラーや認識できない状態が直らなかった場合は、
メーカー会社のホームページで最新版がインストールできるプログラムがあれば
ドライバータブの『削除』で現在入っているプログラムを一度アンインストールしてください。

そして今度は最新のデバイスドライバをインストールしてセットアップして修復してみます。

互換性の問題

Windows専用のデバイスドライバの機材をMacやLinuxのUbuntuなどの違うOSに入れて使うと
インストールできないかエラーなどの不具合が起こる可能性もあるので注意してください。

また製品によっては周辺機器の本体自体が別の周辺機器との互換性(相性)に問題があり
正常に共用での作動ができない、などのトラブルもありえます。

その場合には、「互換性のトラブルシューティング」で起動をし直すと、開ける見込みもあります。

機材の物理的な故障

プリンターやマウス、キーボードなどの機器もパソコン本体よりは故障しにくいものの、
長く使っていると次第に部品の磨耗や老朽化、物理的な衝撃などの原因で
やはりどんな機材でもいつかは壊れてしまいます。

物理的な故障かどうかを確かめるには、他のOSのパソコンなどで接続してみて
そちらの方でも動かなかったら、機器の本体が壊れている可能性も高いです。

どうしてもちゃんとデバイスが作動できなかったら、周辺機器のメーカーのカスタマーサポートに
問い合わせてみるか、郵送で修理サービスに出す、またはパソコンの出張トラブル解決サポートに
来てもらって原因を探してもらい、周辺機器が動かない状況から修復してもらわれることをお薦めします。

また、HDDやメモリーカードが開けず内部のファイルにアクセスできない場合は、
専門事業のデータリカバリーサービスで、復旧をしてもらうこともできます。